ここから本文です

ベストアンサー以外の回答

16〜25件/27件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

okon816さん

2017/3/1907:40:32

環境で変わるものですから、その日から変われるでしょう〜

tom_madaoさん

2017/3/1907:09:54

良いところというのが、どのような家柄をいうのかわかりませんが
資産家には資産家のやり方が、政治家には政治家のやり方があります。
基本的な価値観が大きく違いますので、いくら父親が大会社の重役であっても、警察官僚であっても、家柄が違うと通用しません。
先ずは、家柄にあった価値観を共有しなければなりませんので、家柄が違う結婚は、無理と思った方が幸せだと思います。
資産家の暮らしは、実に貧乏くさくてミミッチイので、普通の家庭に育ったお嬢さんに嫁はつとまりませんよ

pikurusu5888さん

2017/3/1906:25:16

貧しい時にも内面が豊かで美しい人が、玉の輿に乗るんですよ。

2017/3/1905:25:34

歴史上、玉の輿といえば江戸時代の徳川家の将軍の母親は、たいてい魚屋とか八百屋ですね。京都の貴族から嫁いできた娘が正室ですが、男が勃起しないで、町屋の可愛い娘に妊娠させていたようです。八百屋の娘でも将軍の母親になれば、それなりに贅沢な生活になるようですね。

bookm666さん

2017/3/1904:30:59

変な話、おぼっちゃんは元気な貧乏人女性に惹かれる部分あると思う。 逆に貧乏人はインテリに惹かれる。 よく低学歴社長が大卒社員欲しがるのはコンプレックスがあるからだと思う。 教育ママも。
結局上手くは行かないが無いものねだりが絡むのかな。

2017/3/1904:14:57

私の母がまさにそうです。
身内なのであまり参考にならないかもしれませんが、母は父と結婚してからもマナーなどは特に勉強しておらず、ありのままです。
父もいちいち指摘したりするような人ではないのでそのままで良いのではないでしょうか。

yfjunior5さん

2017/3/1902:54:42

知り合いが極貧から、デキ婚で玉の輿になりました
しかし子供達も次々にデキ婚で離婚し、出戻りました

知り合いは、見た目は華やかになりましたが、
感覚が極貧のままです

なのでお金持ちに相応しい教養が無く、家族も恥をかいています
浪費が止まらず、経済的に困窮してきました

お金持ちの家の子は、金銭感覚もしっかりしています
しかるべき教育も受けるので、教養もあります

知り合いは、急にお金持ちになったので、金銭感覚がおかしくなり、
使いまくって貯金も底を付きました

まぁ、極端な例ですが・・・・

walnut405さん

2017/3/1901:37:17

難しいかもしれませんね。私の祖父は、平家の末裔で、祖母は地元の大名の孫でした。その3男である私の父と、普通の家庭の娘だった母が結婚しましたが、母は相当に肩身の狭い思いをしたようで、祖父と祖母が死んだ後、よく、「実家を馬鹿にされたので、祖父や祖母のことは嫌いだった」と言っていたのを覚えています。

2017/3/1901:20:36

慣れじゃないですかねぇ。
だって馬鹿みたいに騒いでるのが当たり前のとこにいると、それを当たり前に感じます。
でもそうでないとこに行けば、その場の空気に合わせるだろうし。
身近に居ないから知りませんけどw

周りが奥様として見たり接したり、自分の自覚とか、で変わってくと思いますが、そもそも見初められるだけの何かがあると思うし、金がない=豊かでないとは言えません。すでに内面のある部分ではOKなのかも?

教養が無くても見初められる何かがあれば、後から教えたら済むことには目をつぶると思います。結婚は体が第一目的みたいなとこありますし。
ある程度、綺麗な方でしたら、相手を利用する位の気持ちで良いと思います。身体を提供する代わりに、これまでにない教育とその生活を手に入れるのだし。

書いてて、質問の背景が気になっちゃいます(∩´∀`)∩

2017/3/1900:27:59

なれなかった人もなれた人も何人か知人にいます。

言い方が悪いけど、性根が貧乏臭かったり下品だったりしてそれが抜けない人や卑屈な気持ちのある人はなかなか順応が難しいと思う。

貧乏時代から、ボロは着てても心は錦的な性質の人は、実際玉の輿生活に入ると水を得た魚のように馴染んで生き生きとしてるようにみえる。

相手との生まれ育ちの違いに引け目を感じることなく、自分自身の才覚や魅力に自信があって(秘めたものでも)、どこへ行っても誰と面と向かっても堂々としていられる人は玉の輿生活に馴染む。
「今の生活こそが自分に本来ふさわしいものだ。やっと自分に本来適当な境遇になった。」というくらいのメンタルがあって、裕福で由緒ある生まれ育ちの、立派な肩書ももつような配偶者や交際相手、その親類縁者、友人知人達の誰にどこで会合して何を言われても、「確かに生まれ育ちや学歴や経験ではあなたたちから下に見られるかもしれないけど、なんといっても私の方が本来的に賢いし美しいし心も強いし気品もあるわよ。はっきりいって私の方が生物としては全然上よ!言わないけどね、フフフ」くらいのプライドが内心にばっちりある人はうまくやってます。

どんな高級な場に初めて連れていかれても、どんな高級なものを身につけても、どんなセレブと対面して同席して会話しても、自分が浮いてるとか馴染んでないとか似合ってないとか太刀打ちできないとか負けてるとか思わないで、対等の自信で、いたって堂々としていられるという人は貧乏育ちでもいるにはいるのです。

良いとこのお嬢様育ちなセレブ以上に品格ある高貴なセレブ然としていて全く不自然でない人っている。
雰囲気美人タイプに多い印象でしょうか。
美形かどうかより雰囲気美人か否か、美形でもあるかもしれないし美形ではないかもしれないけどとにかく雰囲気が(か、「も」か)美人と言って間違いないという方がそういう玉の輿成功者に多い気がします。
雰囲気美人で美人扱いされることにある程度慣れた経験のある人はセレブ奥様として生粋セレブよりよほどセレブらしくふるまいながら生活していくことをうまくやるし本人も心地よく楽しんでいそうにも見えます。身近な例を見ますとね。

コンプレックスが強くて、それに翻弄されてしまうような人は難しいでしょうね。
たとえコンプレックスがないではないとしてもそれよりトータルで自信の方が強くてポジティブな人なら、はたからみていても玉の輿というより本来適する相応しい立場、環境にあの人とうとうたどり着いたなというふうに感じます。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。