ここから本文です

イギリスが犬の楽園と言われる理由は何ですか?

chie2012bukuroさん

2012/5/2410:36:36

イギリスが犬の楽園と言われる理由は何ですか?

イギリスは犬の楽園といいますが、動物愛護のお国柄はさて置いて、暮らしの面での理由は何でしょうか?
ざっと下記のような比較をしてみましたが、他にイギリスの犬達の暮らしの利点というものは何があるのでしょうか?

●躾もされいればノーリードで散歩。
日本ドッグランが各地に増えているし、我が家は大型犬ですが基本的にどこでもノーリードで散歩して、広い公園も自由に走らせてるのでヨーロッパの犬達と変わらない気がします。またウンチ用ゴミ箱を設置してる公園も意外と多いです。
(ノーリードは怖いなど批判してくる人もいますが愛犬は常にぴったり付けをしてるし、自由に走らせても呼べばすぐに戻ります。オンリードでぐいぐい引っ張って威嚇したり向かってくる犬よりは安全だと言えます。)

●大きな公園が多い。
日本も山・川・海に恵まれた土地です。我が家は大阪の都心部ですが永遠と長い河川敷では川に沿って犬を走らせられますし、車で1時間も走らせると田舎町で登山や川遊びも楽しめます。公園だけが行動範囲のイギリスよりも楽しいかも!?

●犬OKの飲食店が多い。
日本でも私は外食時は愛犬と一緒が多いです。特に夏場はテラス席が増えるので以外とテラスなら犬OKという所が多く、大人しいので店内でもいいですよと言ってくださるお店も多いです。またドッグカフェも検索すれば至る所にあるので犬連れ外食にはあまり困りません。

●大会や愛犬家が集う集まりが頻繁にある。
日本でも意外と多いのです。最近では同犬種が100頭集う集会にも行ったり、犬OKの音楽祭やお祭りも多いです。
(神社やお寺は神主さんに聞いてから入ります。)

●交通機関に犬を乗せれる。
日本では小型犬でゲージに入れてならOKですが、大型犬を飼う愛犬家の殆どは車を持っていますので移動も問題ないでしょう。
最近では病院やトリミングも送迎付きだったり、ペットタクシーなるものもありますね。

●良質な病院が多い。
愛犬が行っている病院は優しく丁寧でしっかりとした技術知識をお持ちで問題ありません。イギリスの病院は何が違うのでしょうか?

●ペットシッターが普及している。
日本のペットホテルなるものはあまり良い施設だとは思っていませんが、その反面、最近はゲージに入れないフリーのペットホテルや、大型犬でも十分な運動をさせてくれる施設も増えてますし、個人のペットシッターも増えつつあります。

もし他にもあるならば教えてくださると嬉しいです。

閲覧数:
3,325
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

joytiaraさん

2012/5/2601:07:13

現在イギリスに住んでいて、一週間前から念願の犬を飼い始めました。
トピ主さんの挙げた事以外ですと、ペットショップの生体販売の禁止が有名ですよね。
シェルターにも行きましたが、犬を引き取る際には電話面接→犬と対面→家庭訪問があります。
あと、ペット保険が充実しているなと感じます。
ほとんどの飼い主さんが入っていますし、CMも沢山流れています。
保険に入る事で治療を受けさせる余裕がないという事も回避しやすいと思います。
マイクロチップもほとんどの犬に入っています。
日本ではそんなに普及していないのでは?
散歩で町に出ると10分で5人以上の人に声を掛けられ可愛がってもらってます。
犬好きな人が本当に多いです。
私の住んでいる通りもほとんどの家庭で犬を飼っています。
排泄についても、皆外でするように躾けられてノビノビとしていますね。
散歩中の排泄に批判的な日本とは逆です。
私は、この環境で飼ってあげれて良かったな〜と思っています!

質問した人からのコメント

2012/5/29 13:16:47

感謝 みなさん、回答ありがとうございます。
根本的に考え方というか扱い自体が違ってくるのでしょうか…
イギリス、いいですね!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

編集あり2012/5/2413:04:02

このご質問に限ってはリード云々だけの回答はしたくありませんので少し長文になります。

イギリス、そうですね、質問者さまの記載内容は2次的なごく一部のご記載ですが基本的に行政から違います。

上記記載のない内容で 私が一時住んでいた時の経験談を記載しますね。 これは驚きなのですが 例えば年収により 複数頭飼えるかどうか 審議される場合がありました。 それは日本で言う各自治体 犬の専門職の方や獣医師などで作られたグループの方達、言わばご意見番です。 彼らはボランティアで構成されていませんので それの決定権を持っています。

結構 成犬を手に入れる方達が多くいらっしゃいまして 極端に年収低い方でしたら例えば2頭以上はダメと。 そこまで真剣なんですよ、犬を飼うという事については。 これだけでも 日本と大きな格差がありますよね。 当然、犬を放置したりする人もいませんし、ブリーダーとして職業を持とうとするならば それなりの 通過点があります。 それは行政であったりもしますから そこからのイヌに対する接し方が違ってきます。 基本的に 犬に対して人ひとりにも値する評価が英国では当りまえなんですょ。

犬にとってそれなりの権利を認めてもらえ、また、守ってもらい、かつ人からの愛情を豊かにうけて暮らせる国のひとつがイギリスですよね。

余談ですがちなみにウチのコにイギリスにちなんだ名前のコもいます(*^-^*)以上、ご参考にしてくださると良いと思います。

rinda0226さん

2012/5/2411:48:54

15年くらい前ですが、イギリスに長期旅行に行きました。
ヨーロッパはノーリードのイメージがありましたが、イギリス(ロンドン)はリード着けてる犬が多かったのでイメージと違うな~と感じたのを覚えてます。公園に入ると外したりしてました。
何が楽園なのかは分からないですけど、リードに関してはしないのが当たり前ということは無いと思いますよ。

アバター

ID非公開さん

2012/5/2413:15:59

国は勿論 各州の犬に対する比重というか 価値観がすばらしいと思うし可能なら犬と永住したいな! 具体的に犬がサマになる、絵になる国だと思いますw

fei_sieさん

編集あり2012/5/2501:05:07

イギリス、ドイツと2歳から18歳まで暮らしてきて今は日本在住です。
私はどこも一長一短だと思っています。
感じる事は人それぞれですから、住んでみないと分からない事が殆どだと思いますよ。
イギリスはドイツに比べ、街による格差が大きいと思いましたし、また同じヨーロッパでも犬に対する考え方が全く違うとも思います。

私は今は年2回ほど知り合いに会いに行ったりドッグショーにあわせて行くぐらいですが、最近はリード着用犬は以前より見かける気がしますね。
自分がどうかではなく、周辺にいる旅行者や無関係の人への配慮からでしょうね。旅行者が悪意なく近付いて来る事も少なくないので・・。
私はケンジントンパークに程近い永住者の比較的多い地域に暮らしましたが、どこに行くにも一緒という人が多いドイツに比べ、人の多い場所や時間に積極的に連れて行く飼主さんは少ないように感じました。
どちらかというと仕事や家事から切り離された自由な時間を犬とゆっくり楽しみたい、という関わり方に見えます。
割と日本人に近い感覚なんじゃないかと思いました。


基本調剤薬局以外は殆ど犬連れで問題無い場合が多いですが、飼主の指示無い状態で他の犬に反応を示したりする程度では公共施設には入れないです。
犬はパートナーですから社会から多くの権利を与えられている事には間違いないですが、飼主に要求される責任というのは日本よりずっと大きいです。私が幼少の頃、隣の犬は飼主一家のお子さんに怪我を負わせ処分されています。
私たち一家はガンドッグ飼育が多かったので、地域のトレーニングにずっと参加していました。
散歩は朝で、登校前に公園で放して一緒に走る感じでした。出勤前の人たちもよく利用していましたよ。

イギリスへ行かれたら、ドッグトラストなどが主催する飼育に関するイベントももちろんいいですし、老犬ホームについて調べたりなさるとあちらの人々のコンパニオンアニマルに対する考え方がより理解しやすいと思います。
イギリスも放棄犬は意外と居ますからね・・以前バタシーの処分についてテレビで取り上げられたときは、けっこうな社会問題にもなったりしましたが、日本と違って反響が凄いです。
パピーファームなどの対策の為にも飼う際にも厳しい審査が課せられるイギリスですから、犬に対する意識自体は高いと思います。
病院については・・・
行ってから感じる事は特に、とても多いと思いますよ。

犬にとって楽園かどうかは・・私には分かりませんが。

追記:
書き忘れました。ペットホテルですが・・
ロンドン市内では多分見つからないと思いますよ。元々そういう習慣が無いのであったとしても郊外になるかもしれません。
ペットシッターの御宅に預けるか自宅に来てもらうのが一般的ですので、必要があればシッターを探したほうがいいと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。