ここから本文です

「腰の後遺障害認定をもらうには、相手の任意保険に任せっぱなしにしないで、健康...

アバター

ID非公開さん

2018/3/1715:36:05

「腰の後遺障害認定をもらうには、相手の任意保険に任せっぱなしにしないで、健康保険を使いつつ、自賠責の本人請求を毎月した方が良い」と、入院中の同室の人に言われ、そのとおりにしています。

「認定の異議申し立ての過程が、本人請求だと、透明性があるから」との事。

これは間違いないでしょうか?

リハビリに通っている病院の医者は、「完治するかは不明。あったかくなれば、一瞬、良くなるけど、冬になるとまた痛くなるのが、一生続くのが当たり前だと思う」との事。

「5~6ヶ月はリハビリに通って下さい」との事なので、週4日のリハビリを3ヶ月続けています。

しかし、「腰の場合は、完治しなくても、後遺障害認定はもらえないケースがほとんど」とも、医者は言っています。

情報が錯綜して、悲しくなっています。

みなさん、正しい情報を下さい。

閲覧数:
204
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bee********さん

2018/3/1823:11:21

私はむちうちで後遺障害14級9号を認められました
レントゲン、MRIなどで異常なし、神経学的所見も異常なしです
どうして認められたかなど記載しています。長文と関係ない記載がりますがどこかに貴殿の参考になる記載があると思います

この交通事故カテゴリは保険会社の社員が多くホントに貴殿の利益にならない事がおおいです。良かったら参考までに読んでください。
下の回答者rocket_code9さわは口調は良いですがかなり質問者に損害を与えています。
常日頃相手弁護士にやられているので、弁護士のメリットは教えません
慰謝料は自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準とありますが弁護士基準が最大支払われる慰謝料の基準です。これを保険会社は恐れいているのです
下に記載しますが任意保険会社の慰謝料で終わったら弁護士基準での高額な慰謝料頸椎捻挫で後遺障害が残った場合慰謝料は100万円違います。それを紹介しないのがこのカテの交通問題の回答者【保険会社です】

このカテの回答者は保険会社の職員がをおおいです
ですので質問者に不利益を与えていることが多いのです


【rocket_code9さん。】によるとわたしが草野球で彼がメジャーリーガーだそうです


しかしホントのメジャーリーガーは弁護士です。
保険会社は弱いものには強気でいじめますが、弁護士の前では手のひらを反してお手上げです。弁護士が言ってました。保険会社は2枚舌だそうです。
弁護士の前では【rocket_code9さん】も私も目くそ鼻くそです。

今も彼とはやり合ってます。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q131870466...


では私の経験を記載します
交通事故に合われた場合慰謝料は自賠責保険からおります
自賠責保険はけがの場合120万円まで治療費+慰謝料+休業損害等が受け取れます
慰謝料の計算式は通院期間×4200円
もしくは通院日数×2×4200円の少ない方です
1か月の慰謝料の限度額は通院日数15日×8400円です合計126000円です
けがは頸椎捻挫(むちうち)など数日たってから痛みが発生する事がありますので
様子見ですね。
その様な痛みが発生したらすぐに整形外科に受診し診断書を出してもらい警察に提出してください。そして今回の事故を事故扱いにしてもらうのが安心です
出来ましたら頸椎捻挫で月15日通い続けて下さい。慰謝料と治療費の合計が120万円まで受けられるので毎月の治療費は相手保険会社が貴殿の病院から貰ってますので基本相手保険会社に診療報酬明細書を毎月取り寄せ合計120万円を上限に医者に通院してください。10分の電気治療で8400円でるのですから
そして6か月位になった時相手保険会社から症状固定【これ以上治療しても治らない】と言う事を言ってきます。相手保険会社も貴殿の医師に確認しに行きます
で医師に症状固定の話をし貴殿と保険会社が合意すれば症状固定になります
そして相手保険会社は後遺障害の申請を持ちかけます。後遺障害14級9号を求める事になるでしょう。MRIレントゲン等で異常が認められなくても月15回は通っていれば認められる可能性あります
そしたら弁護士に依頼です
全ての慰謝料が弁護士基準になります
けがの慰謝料110万円 後遺障害慰謝料100万円、遺失利益65万円
275万円が請求金額です
弁護士を雇えば費用が掛かります着手金20万円+成果報酬10%が相場です
20万円+27万円合計47万円を引くと228万円です
これが貴殿の最終的な慰謝料の受け取り金額です
貴殿の保険が弁護士費用特約に入っていれば弁護士費用も掛かりません
そうすると275万円そのまま受け取れます
以上です参考までに

更に証拠としてサイト添付します【このような事はこのスレでは教えてくれませんよ】

けがの自賠責保険基準の計算方法と任意保険基準の慰謝料弁護士基準の慰謝料が掲載されているサイトです
. https://交通事故慰謝料.cc/calculate/

慰謝料計算式その3・弁護士(裁判)基準の慰謝料計算式
傷害部分の慰謝料基準表(損害賠償額算定基準:別表Ⅰ)
https://xn--3kq2bv26fdtdbmz27pkkh.cc/calculate/

傷害慰謝料を14級の 慰謝料(弁護士基準で110万円)

たとえば、むちうち症で14級が認定され、年収が300万円の被害者の場合、 逸失利益 の弁護士基準は約65万円になる。
https://xn--3kq2bv77bbkgiviey3dq1g.com/b14kyu/

アバター

質問した人からのコメント

2018/3/22 14:12:00

勉強になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

dak********さん

2018/3/1715:47:01

ネットの情報、同室の情報 医師の情報どれも正しいと思います。

それはその方の経験から来るアドバイスですから。

認定された人はそれを書きこむ、認定されなかった人も経験から書きこむ。だから認定されるマニュアルなんかないんです。

nep********さん

2018/3/1715:58:55

自賠責保険へは本人側から被害者請求をした方がいいと弁護士も言っていました。私の場合は全て弁護士に被害者請求を委任しました。

ただし腰痛や頚椎捻挫は後遺障害が残っても自賠責保険の最低基準14級にならないことが多いのであまり期待しないように。

返信を取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

プロフィール画像

カテゴリマスター

koi********さん

2018/3/1716:02:41

毎月被害者請求ですか?
それでいいと思うのであればいいのでは。治療費立て替えに手間と診断書代が余計にかかるので私ならしません。

>「腰の場合は、完治しなくても、後遺障害認定はもらえないケースがほとんど」とも、医者は言っています。

追突事故ということであれば、腰にまで影響があることはあまりないですし、元々年齢からくる既往症の場合がほとんどだからじゃないですか。

当初から後遺障害認定が目標なのですね。おつかれさまです。

sib********さん

2018/3/1716:24:42

>>本人請求だと、透明性があるから<<
意味不明です
通院内容自体が正当なものであれば
相手任意保険会社の一括対応であっても
何の問題もないはずです

後遺障害の認定は治療内容も含めての経過を踏まえた
主治医の診断書の内容が全てと言ってもいいと思います

整形外科主治医の指示通り通院治療を続けて
その主治医が治療終了(治癒or症状固定)と診断した時点で
後遺障害用の診断書を作成してもらい申請するだけです

roc********さん

2018/3/1717:53:27

損保会社で人身事故の担当者をしています。

>「認定の異議申し立ての過程が、本人請求だと、透明性があるから」との事。これは間違いないでしょうか?

保険担当者の立場から申し上げるなら、担当者が何かを隠すわけではないので、必ずしも賛成できませんが、

保険担当者との信頼関係がないのであれば、被害者様側からみたときに「被害者請求の方が透明性がある気がする」というのは、その通りだと思います。

いずれを選択するにせよ、より納得感のある選択をお勧めいたします。



>リハビリに通っている病院の医者は、「完治するかは不明。あったかくなれば、一瞬、良くなるけど、冬になるとまた痛くなるのが、一生続くのが当たり前だと思う」との事。

「人類が二足歩行をし始めたときから、腰痛とは切っても切れない縁がある」といった言い方がされますので、そういう意味では、主治医の説明の通りだと思います。



>「腰の場合は、完治しなくても、後遺障害認定はもらえないケースがほとんど」とも、医者は言っています。

交通事故で腰痛を訴えるようになった人で、なおかつ、完治しなかった人の全てを分母にして考えると、確かに、後遺障害等級が認定される人は少ないと思います。

ただ、そういった傾向は、あくまでも統計的なものですので、そういった事情のみから、ご質問者様個別の問題について「後遺障害等級が認定される可能性は低い」と判断できるものではありません。

自賠責保険における後遺障害とは、(逆説的な言い方になりますが)後遺障害が残らないように適切な治療の努力をして、それでもなお身体に残存してしまった障害です。

ですから、今ご質問者様にできることは、主治医の指示に従って、適切な治療の努力をすることだけだと思います。



【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる