ここから本文です

よく中国人は「~アルよ」とか表現されますが、その元ネタはなんですか?

アバター

ID非公開さん

2004/8/720:22:33

よく中国人は「~アルよ」とか表現されますが、その元ネタはなんですか?

閲覧数:
10,497
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

アバター

ID非公開さん

2004/8/722:11:37

岩波書店の「ヴァーチャル日本語・役割語の世界」という本によると、現在確認できる「アルヨ言葉」で最も古いものは1879年(明治12年)横浜で出版された「Exercises in the Yokohama Dialect(横浜方言の練習)」という本に載っているものだそうです。この本はまじめな語学の本ではなくて、一種のジョーク本ですが、当時横浜に住んでいた中国人の商人たちの使っていた日本語がもとになっているようです。ですから「アルヨ言葉」は日本の大陸進出の前から存在していたわけですが、これが日本の海外拡張政策とともに日中間の民族的軋轢が高まる中で「怪しい(まぬけな)中国人」のイメージと結びついていったということでしょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

編集あり2004/8/721:03:32

中国語の文法に起因しています。話すと長いので割愛しますが、中国人の思考回路では○○という事実が存在するか否かということが重要で、これが日本語をしゃべる時しばしば「~あるよ」という表現になるようです。

アバター

ID非公開さん

2004/8/720:59:49

ハチメマシテ、ニポンノミナサン。
ワタシ、ペキンニスンテル、ワンサンアルヨ。
ソイエバ、サッカーデメイワクカケテ、コメンアル。
アイヤー!マタイマ、プーイングシテルアル。ポコペン。
アルハ R ア~ルヨ ワカタアルカ?
チュコクジン、ウソツカナイアル。

アバター

ID非公開さん

2004/8/720:37:31

ゼンジー北京とか答えが出ますが、元々はズーッと古いのですよ。日本が中国や朝鮮半島を占領していた時代に、現地の人々に日本語を強制し、向こうの人たちがうまく日本語がしゃべれない(当たり前ですけど)のをからかっていたころからの表現なのです。ゼンジー北京は、お年寄り受けを狙ってそんなしゃべり方を真似しただけです。若い人たちには実感が湧かない話でしょうね。

アバター

ID非公開さん

2004/8/720:33:10

↑もっとずっと前からアルよ。

アバター

ID非公開さん

2004/8/720:28:04

ラーメンマン。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる