ここから本文です

よく『桜の木の下には死体が埋まっている』といいますが、これには一体どういう意...

silent_horseshoe0607_since1993さん

2006/2/517:11:51

よく『桜の木の下には死体が埋まっている』といいますが、これには一体どういう意味や由来があるのでしょうか?

閲覧数:
42,589
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yudo_no1さん

編集あり2006/2/716:35:28

梶井 基次郎(かじい もとじろう)が1928年(昭和3年)に発表した詩(?)「桜の樹の下には(原文は旧字体)」からだといわれています。

「桜の樹の下には屍体(したい)が埋まっている!」という文で始まります。
確かに、見事な桜の木(特に夜桜)を見ると、そんな妖しい気持ちになってきますね。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000074/files/427_19793.html

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kemuriusagiさん

編集あり2006/2/518:00:30

爛漫の桜には、催眠効果があるといいます。
あまりに美しい物を見ると、その陰に恐ろしさを感じる、という事ではないでしょうか。

2006/2/517:47:30

あんまり桜が綺麗だから、よほどいい養分を吸収してるんだろう→死体でも埋まっているんじゃないか。元々はそういう論理からきてるらしいって聞きましたけど。。。。

2006/2/517:17:20

「梶井基次郎」の『桜の木の下には』という作品にその一節が出てできます。
坂口安吾の「桜の森の満開の下」という作品も似た表現があるようです。
日本人の桜に対する思い入れの結晶が文になったものでは・・・?

alliceauaaさん

編集あり2006/2/517:17:02

「桜の森の木の下で」ですか??
坂口安吾の小説ですよね。
私にはとっても美しい小説ですけど、
人によっては気持悪いかもね。
生首で遊ぶシーンとかはね。
この小説から来てるんですよ。
読んだらわかると思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。