ここから本文です

「いただきます」や「ご馳走様」は日本にしかない言葉って本当ですか?

nat********さん

2013/1/922:55:24

「いただきます」や「ご馳走様」は日本にしかない言葉って本当ですか?

「いただきます」「ご馳走様」は、料理を作ってくれた人にだけ感謝する言葉ではないと思います。自分のために命をささげてくれた動物や植物、生き物を育ててくれた人、料理をしてくれた人、すべてに感謝する言葉だと思います。
この「いただきます」や「ご馳走様」は日本にしかない言葉って本当ですか?

閲覧数:
457
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mik********さん

2013/1/1120:11:26

「御馳走様でした。」と色んな物や人へ感謝して手を合わせるのと、「フィニッシュ」(食い終えた)と言うのとではどちらがカッコよくスマートでしょうか?
「御馳走様でした」の方が私は好きですね。

海外の方のレストラン形式の食事の作法や感覚と、日本のそれとは違うでしょうし、海外の人でも「それらしい言葉」があるとは思いますよ。
「フィニッシュ」と言うのも(お皿を下げてもいいかどうか?)を店員がお客さんへ聞いて、お客さんが(下げてください)という意思表示をするに当たり、食べ終えたと言うのをフィニッシュと言ってる場合があるかとも思います。

質問した人からのコメント

2013/1/16 20:51:36

ありがとうね。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ana********さん

2013/1/1211:18:59

外国のドラマや映画だと、神に祈りをささげてから食べる様子がおおげさだなとは思います。

自分は「いただきます」と言うだけか、軽く会釈をして食べますが、
合掌してから食べ始める人が貧乏くさいというか見苦しくて嫌だなと思います。

とくに、合掌した指に箸をはさんで「いただきます」と言う人が最悪です。
お里が知れます。

sou********さん

2013/1/1014:14:26

子供のころ学校(幼稚園?)で
「お父さん、お母さん。いただきます。」
と合唱してから食べていた記憶が薄っすらありますが

キリスト教圏でこれにあたるのが
「主よ今日一日の糧に感謝します」
と家族で合唱する
”食事のためのお祈り(grace)”です。

こんな話を以前アメリカ人と話していたら
「でも子供は早く食べたくて待てない時は
ただ手を組んで一言『Grace!』と言って食べ始めちゃうんだよ。」
と言ってました。

つまり、”いただきます”と”Grace” が
同義語に当たると思います。

多少ニュアンスの違いがあれ
どの国、どの文化・宗教でも
食べ物は自分たちで勝ち得た物ではなく
神からの恵み、自然からの恵み
と考えていると思います。

2013/1/922:57:41

海外というかキリスト教圏にはそういう命もすべて神の恵みと判断します。
なので、きちんとした家庭ではThank God という食前と食後のお祈りがあります。
そういった宗教をもたない家庭の場合は、これといった英語の「いただきます」や「ごちそうさま」はないです。
「おいしい食事をありがとう」といった表現はありますよ。あと「おいしい!」という言葉も。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる