ここから本文です

アライとかショウェイの安全だけど重いヘルメットと。

act********さん

2013/1/1300:46:13

アライとかショウェイの安全だけど重いヘルメットと。

ZENITHとかKABUTOみたいな安全性が下がるけど軽いヘルメット。


どっちが好きですか。

アライとかショウェイて世界中の安全規格をクリアーしていて安全第一ですが。
炎の中でも燃えないとか言われても。バイクに乗ってて焼き死ぬてことはあんまっしないと思うし。
20メートルの高さから落としても割れないと言われても。中の人間のほうがそれに耐えれないし。
アライもショウェイもオーバークォリティーすぎると思うのですが。

現実にはありえない事故まで想定してヘルメットを作るのがアライとショウェイですが。
それは崇高な理念だと思いますが。
安全に妥協をしない素晴らしい考えだと思いますが。

でもアライもショウェイも安全第一すぎてヘルメットが重いのですが。
ヘルメットが重いと疲れるのですが。

安物のKABUTOとかZENITHて最低現の安全基準はクリアーしているからこれでいいと思うのですが。
最低現の安全基準しかクリアーしてないけど軽いし。

アライのヘルメットを被って20メートルの高さから落ちたとして。
ZENITHのヘルメットを被って20メートルの高さから落ちたとして。
アライのヘルメットは割れないかも知れませんが。
でもZENITHでもアライでもどっちを被っていてもヘルメットの中の人間の頭はどっちでも潰れていると思うのですが。

アライやショウェイのヘルメットは世界一安全かも知れませんが。
でもその安全は現実的ではないと思うのですが。

だったら軽くて安いZENITHやKABUTOでもいいと思うのですが。

アライ,ショウエイ,ヘルメット,ゼニス,KABUTO,OGK KABUTO,スネル

閲覧数:
18,023
回答数:
10

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fa_********さん

2013/1/1321:16:23

バイクカテに毎日知ったかぶった投稿してるけど、バイクに乗ってないんじゃないの?
バイクに乗っててアライやショウエイのヘルメットをかぶったことがある人なら、そんな質問しないでしょ。

毎日、くだらない投稿、ご苦労なことですね。
ついでに、知恵袋にではなく自分のブログでも始めて、そこにでも書いておいたらいかがですか?

知恵袋は質問の場であって、貴方のくだらない自己主張のオナニー投稿を他人に披露する場ではありませんよ。
「ですが」「ですが」って、聞きたいことがあるのではなく、自分の意固地な主張をしたいだけじゃんww

バイクカテに毎日知ったかぶった投稿してるけど、バイクに乗ってないんじゃないの?...

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nch********さん

編集あり2013/1/1913:16:30

ZENITHやOGK KABUTOもちゃんとしたヘルメットメーカーが作っていて規格も受けていますから、おっしゃる通り十分だとは思います。

ただ、OGKなんかがそうですが、グレードによっては帽体がABS樹脂みたいです。ABS樹脂は耐候性があまりよろしく無いですし、劣化するとパキっと割れたりもするらしいです?(アライやSHOEIはFRPの様な樹脂の積層構造)

ZENITHやOGKの下位グレードモデルの様な海外製造ヘルメットと、超一流メーカーで日本製造のアライやSHOEIの下位グレードモデル、価格を比べても実売1.5万程度しか変わりませんからねー。
どっちが好きって訳ではないのですが、どうしてもアライやSHOEIを選んでしまいますね。

あと、炎の中でも燃えないと言うか、燃え難い内装を装備してるのは一部の四輪用モデルだと思いますよ?

もう一つ、アライやSHOEIが重いと言ってもモデルにもよりますが、OGKと比べても200グラム無い程度の違いだと思います。重心設計も考えれば、現実的には無視してよいレベルだとは思いますけど……。

ace********さん

2013/1/1414:52:38

AraiとSHOEIは値段が高いけど、軽くて安全性が高いです。
ZENITHとかKABUTOがそうとは言いませんが、安いヘルメットは重いです。
値段を安く抑えるために安い緩衝材を使い、安全規格を満たすために厚くしたりしますので。
バイクを乗っている人なら常識だと思いますが。

sek********さん

2013/1/1321:17:50

その家には、五十すぎの小母さんと、三十くらいの、眼鏡をかけて、病身らしい背の高い姉娘(この娘は、いちどよそへお嫁に行って、それからまた、家へ帰っているひとでした。自分は、このひとを、ここの家のひとたちにならって、アネサと呼んでいました)それと、最近女学校を卒業したばかりらしい、セッちゃんという姉に似ず背が低く丸顔の妹娘と、三人だけの家族で、下の店には、文房具やら運動用具を少々並べていましたが、主な収入は、なくなった主人が建てて残して行った五六棟の長屋の家賃のようでした。
「耳が痛い」
竹一は、立ったままでそう言いました。
「雨に濡れたら、痛くなったよ」
自分が、見てみると、両方の耳が、ひどい耳だれでした。膿うみが、いまにも耳殻の外に流れ出ようとしていました。

wid********さん

編集あり2013/1/1313:30:40

20mの落下試験なんてやってないですよ(^-^;)スネルより厳しいと言われるアライ規格でも最高3.2mです。
それでも時速で言ったら約28km/h…原付の制限速度で壁に激突したら越えちゃうわけです(*_*)

現実の事故はスネル規格さえ遙かに超えた所にあります。
でも技術の限界がそこまでたどり着けないので、できる範囲での最高を目指すというほうがむしろ現実的だと思います♪

aho********さん

2013/1/1309:05:57

アライばかり使ってますがあまり重いと感じたことはないです。
安いヘルメットをいくつか経験しましたが安全性よりフィット感で満足できませんでした。
とは言え、価格差有りすぎだとは思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる