ここから本文です

「告別式」と「葬儀」は、違うものなのでしょうか????? 教えてください。

アバター

ID非公開さん

2006/11/2221:53:34

「告別式」と「葬儀」は、違うものなのでしょうか?????
教えてください。

閲覧数:
148,686
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2006/11/2520:55:46

一般にお葬式で人々の会葬を受ける場は「葬儀・告別式」です。
これは本来は「葬儀(式)」と「告別式」とが別個に行われていたのが、
一緒に行われるようになったためにできた言葉です。
「葬儀ならびに告別式」というのが丁寧な表現になります。
これを会場案内等に書くときには、「葬儀・告別式」と併記しないで
「葬儀」または「告別式」のいずれかを用いるのが慣用となっています。
「葬儀(式)」とは本来は死者をあの世へ送るための儀式です。
ですからしばしば宗教儀礼によって執り行われます。
これに対し「告別式」とは参列あるいは会葬した人たちが、
焼香や献花をもって死者に対してお別れをする儀式のことです。
本来は葬儀(式)を行った後に告別式を行いました。
いまでも社葬等の場合には葬儀(式)と告別式とを分けて行います。
社葬等の場合は、葬儀(式)は13時から14時まで、告別式は14時からというときには、
葬儀(式)に参列していただく方には葬儀の開始時刻を連絡しますが、
死亡広告等の一般の方への案内では告別式の開始時刻である14時のみを案内します。
一般の葬式では葬儀(式)と告別式とを分離しないで行うケースが多いので「葬儀ならびに告別式」となります。
なお、近年は通夜に会葬される方が多くなっています。
本来は通夜は近親者が死者と最後のお別れをする場ですから、
特別に死者と親しかった人以外は弔問しないものでした。
いまでも地方では通夜は近親者だけで営むところがあります。
しかし、昼間は仕事があるので夜行われる通夜にしか弔問できないということで
通夜に弔問する人が多くなったようです。
特に死者と親しかった人は通夜にも、翌日の葬儀・告別式にも両方出ます。
それほど親しいわけではないがお別れしたい人は、
昼間都合がつくならば告別式のほうへ出るというのが本来です。

下記サイト参照。
http://www.sogi.co.jp/sub/jituyou/qa/qa29_32.htm

アバター

質問した人からのコメント

2006/11/25 21:42:29

納得です

「告別式とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aegeanyamatoさん

2006/11/2315:35:42

葬儀=通夜+告別式
葬儀=葬式
・・・・・・・・・・・・・・・

2006/11/2300:30:30

「葬儀」=「葬式」ですが、死者をほうむる儀式、ということです。
「告別式」を調べましたら、死者の霊に対して、別れをつげる儀式、ということです。

思うに、「葬式(葬儀)」の一連の儀式の中に、お通夜とか、告別式とかが
あるのではないでしょうか?

popiko3さん

2006/11/2222:35:20

お葬式のなかに、通夜式(お通夜)と告別式があるんじゃないの?
と、思ってますが・・・。

bhykk225さん

2006/11/2221:59:10

まあ、内容は似ていますが、
告別式は親族や親しい知人がわかれを告げる儀式で、
葬式は一般の人々が弔う儀式のようです。
なので、告別式にあまりつきあいのない近所の人は来ません。。。と思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。