ここから本文です

孤独感と喪失感で憂鬱です 二年前に彼氏に振られて以来 孤独感と喪失感で...

anj********さん

2013/1/2123:45:07

孤独感と喪失感で憂鬱です



二年前に彼氏に振られて以来
孤独感と喪失感で死にたくなるような気持ちになります



今ではもう
彼に未練は一切なく新たに彼氏も出来ました




しかし別れを突然告げられたショックが忘れられず
誰といても自分は孤独なんだと夜泣きたくなります



これは何かの心の病の一種でしょうか?

失恋直後にはよくあることかもしれませんが


2年も経ち、未練もないのに孤独感に襲われることに違和感を感じます

補足2年も孤独感に襲われるものですか?
自殺未遂を何回もしています
体に不調があり2年ほど繰り返し孤独感に襲われています


“それくらい”のことなんでしょうか?
失恋したら皆こうなるんですか?

閲覧数:
1,952
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

-さん

2013/1/2200:02:22

孤独はつらいことではない。
孤独とは自由に生きれる貴重な時間。
誰にも邪魔されず趣味や勉強などに従事できる。

他者に幸福を求めるほど愚かなことはない。
幸せを自分1人で作り出せない者は不幸だ。
友情や恋愛、信頼など幸せを他者に求めても思い通りに返してはくれない。
幸せは自分自身で作り上げるもの。

何か1人でできる趣味があれば、学生でも社会人でも老人でも同じように楽しむことができる。
趣味は友達のように人を裏切らない。
友達はいつ消えるか分からないが、趣味は自分がのめり込んでいる限り生き続ける。
人生を楽しくするには、まずはのめり込める趣味を持てばよい。

孤独は栄光である。
孤独こそ真の幸福である。

しかし、多くの人は孤独をつらい悲しいものだと感じる。
それは、友情や恋愛などという「間違った幸せ」を幸福だと思っているからだ。
大抵の人は友情や恋愛というものに対してプラスのイメージを抱くだろう。

我々は学校やメディアなどで、「友情や人との絆はすばらしいものだ」「出会いや友達はかけがえのないものだ」などなど、人との交流に対する様々な固定観念を植え付けられてきた。
人々はこれらに洗脳され、友情や恋愛をプラスに捉えるようになり、人との交流のない「孤独」の状態をマイナスに結びつけるようになった。

そう、我々は「間違った幸せ」を教え込まれてきたのだ。

実際、人間関係は迷惑さえかけなければそれでよい。
友達を作ることが社会に出てからのコミュニケーション能力を高めるとも限らない。
友人とはコミュニケーションは取れるが、職場では取りずらいという人もいれば、友人はいなかったが、職場では上手くやっているという人もいる。


学校やメディアは、個人や少数を大多数に当てはめようとするものだ。
友情や恋愛が幸福であるという間違いを万人に当てはめようとする。
その間違いさえ捨てれば孤独は幸福へと姿を変える。

質問した人からのコメント

2013/1/22 00:09:39

yamauchisuzuran1224
うっざ…

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yam********さん

編集あり2013/1/2200:03:51

これだけで病気だったらみんな病気ですよ!
たくさん失恋して大人になるんです。

私も3年前に失恋してあなた以上にひどい思いをして
精神病になり1年で4度も入院してますから
あなたの症状の軽さは一般人の私でも分かります。
看護師も「私も別れて5年の彼がいるんだけどまだ引きずってる」と言ってました。
みんな一緒です。

なぜみんなこうじゃダメなんですか?
自分だけ特別扱いしてませんか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる