ここから本文です

母(51)大腸癌、肝・肺転移、レベル4、余命6ヶ月と。大腸癌で腸閉塞状態。現在、...

ie1********さん

2013/1/2501:24:38

母(51)大腸癌、肝・肺転移、レベル4、余命6ヶ月と。大腸癌で腸閉塞状態。現在、栄養はほぼ点滴。 元々食が細く、痩せ型でしたがここ一年で10kg体重が落ち、今では27kg前後(T160位)。元々白血球が少ないところへリウマチの薬(二年前から服用)の副作用で更に減少したとの事。体力・進行度を考えると手術(開腹・除去)不可と。
延命治療計画…腸閉塞部分に腸を広げる器具(ワイヤー?)を入れる(器具のズレや腸管裂傷→腹膜炎?→余命~二ヶ月のリスク有)⇒飲食可能⇒白血球↑(免疫力↑)⇒抗がん剤治療(~3年延命の可能性有)
との提案有り。
現在、腹部の張りと痛みで苦しんでいます。痛み止め(飲み薬)を処方されていますが、合わないのか更に別の痛みが加わるそうで…
母は上記の治療計画に納得しているようですが、家族としては、苦しむ姿をなるべく見たくなく、根治は難しいにしても痛みを緩和出来ないものかと…
セカンドオピニオンでがんセンターへ月末行くのですがその前に予備知識等入れておきたいので母がより苦しまずに済む方法等医療に詳しい方ご意見宜しくお願いします。

補足痛み止めは飲み薬→筋肉注射になり痛みは和らぎますがすごく怠くなる様です。リウマチのリハビリがストップしています。父は三年後認可される癌治療薬に賭けていると…

閲覧数:
8,730
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bre********さん

編集あり2013/1/2721:28:35

母は稀と言われる皮膚癌でしたのでネットだけで
知識を得るのは難しかったです。


病状や治療方法等ある程度の事は分かっても
実際にそれが全ての患者さんに当てはまる訳ではないですし
治療方法も病院や医師によって違いもあります。

癌センターなら多くの症例を診て来ていると思いますので
質問者様やご家族様が納得いくまで医師に問い掛け
お母様の治療方法をお決めになるのが宜しいかと思います。


ただ、どのような治療でも痛みは発生しますし
副作用や精神的苦痛も伴います。
闘病が進むにつれ家族にもそれなりの負担がかかってきますが
お母様の事だけを考え、お母様の頑張りを応援してあげて下さい。

質問内容と回答がズレてしまい申し訳ありません。

**********************

病名は違いますが私の母も癌患者でした。

身体に合わないのに同じ薬を処方されているのですか?
変更は無しですか?


痛み止めには幾つもの種類があります。

母の場合は痛みの度合い、進行状態によって薬が
飲み薬→貼る痛み止め→シロップの痛み止めと変わりました。
(貼る、シロップは末期になってからですが…)


ちなみに母は皮膚癌で抗がん剤のみの治療でしたが
抗がん剤が効いている時は患部の痛みが和らいで
いたそうです。

質問した人からのコメント

2013/1/31 09:12:47

回答ありがとうございました。セカンドオピニオンにて、「骨髄液検査にて白血球が少ない原因を追求すれば癌治療が出来る可能性が出て来るかもしれないが、先天的又はリウマチが原因であればやはり難しい」と…。母はホスピス希望してます…

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

law********さん

2013/1/2503:22:55

ホスピスと言うのがあります。

ご参考まで。

http://www.dokidoki.ne.jp/home2/kmiwashi/hospice.htm

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる