ここから本文です

イラク戦争は、アメリカが石油利権がほしかったから、イラクには大量殺戮兵器があ...

sil********さん

2013/1/2614:05:21

イラク戦争は、アメリカが石油利権がほしかったから、イラクには大量殺戮兵器があると嘘をついて戦争を始めたのですか?

それとも大量殺戮兵器があるという証拠でもあったのでしょうか?

閲覧数:
2,738
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sab********さん

編集あり2013/1/2907:22:31

米国では元財務長官のポール・オニールが「政権開始当初からイラク戦争の計画はあった」と暴露 しました。
米国民の多くがあの戦争の正当性に疑問を持っています。
日本ではいまだにイラク戦争を正当化するおかしな連中もいますが、英国は真剣に反省し検証しています。
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_2901.html
日本では米国への配慮からか、あるいは小泉氏からの圧力からかは分かりませんがこのような徹底した検証が出来ていません。

そんな国だから米国からの要請である集団的自衛権行使の容認についても心配になるのです。
国民に実態を正確に伝えようとしない国・政府を信用出来ない・・・となるのです。
多国籍軍の攻撃は罪のない女性や子供などの命を大量に奪いました。
日本でいまでも広島や長崎の悲劇を忘れられないようにイラク国民の多くも罪のない家族や知人を殺された記憶は消えません。
ちなみにこの戦争に対してポーランドのクワシニエフスキ大統領は「 アメリカに騙された」と批判しています。

日本人の認識は非常に薄い状況ですが、国際的にみてイラク戦争はそういう戦争であり米国のエゴによる惨劇なのです。

都合が悪いからといって誤魔化していてはいけないもののはずなのですが・・・日本では???

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mig********さん

2013/1/2615:41:45

◆サッダーム・フセインは逮捕後の証言で、【クルド人】に対する化学兵器を使用した【大量虐殺】について「必要だった」と正当性を主張。
1990年の【クウェート侵攻】については、侵攻前に行われた両国外相会議の際、クウェート側代表から「全てのイラク人女性を売春婦として差し出せ」と侮辱されたといい、「罰を下したかった」と述べたという。
◆サッダーム・フセインは、イラクが【大量破壊兵器】を開発済であり、大量破壊兵器を完成させて密かに国内の何処かに隠し持って居るかの様に振舞い続けたが、「何故、かかる愚かな行為をしたのか」と問われた際、サッダームは「大量破壊兵器を持っていない事が明らかに成ると、核を保有しているイランに攻め込まれ、国家が無くなってしまうのではないかとの恐怖が有ったから」と答えている。また、国連による制裁がいずれ解除されれば、【核兵器計画】を再開できるとも考えていた。
★此れで↓確認出来ます★
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%83%E3%83%80%E3%83%BC%E...

◆サッダーム・フセインは逮捕後の証言で、【クルド人】に対する化学兵器を使用した【大量虐殺】について「必要だった」と...

c29********さん

編集あり2013/1/2617:40:28

石油利権は関係なかったことはわかっています。むしろ石油生産設備が破壊されて石油業界は痛手を被り,経済制裁でイラクの石油は中国,ロシアの会社のものになりました。
また大量破壊兵器もありませんでした。大量破壊兵器があるという証拠もありませんでした。もちろ核兵器開発もしていません。
ブッシュ政権は何か最終目標があったわけではなくて軍産複合体とイスラエル・ロビーの活動によって戦争を起こしてイラクを侵略しただけです。別にイラクを侵略しなくてもイラクは脅威でもなんでもありませんでした。
戦争を起こしたのだから何か特別な理由があったのだろうと考えますが実際には細かな複合原因はありましたが特別な理由はなかったんです。というのが歴史家の結論です。つまりその時代の雰囲気にながされたということかもしれません。

ちなみに日本が太平洋戦争開戦したときも戦争開始を決断した首相や議会があったわけではなくてなんとなくそういう方向に話が進んで誰も反対しなかった(反対できる雰囲気ではなかった)ので戦争になったと当時の海軍高官が戦後証言しています。

den********さん

2013/1/2614:44:59

石油利権が欲しいなら、イラン・イラク戦争の時にイラクに肩入れしたときに得ることが出来たでしょう。
現実には「フセイン政権を潰したかった」からですよ。
対イランで、イラク国防軍を練兵、武器を供与し、強大な軍事国家にしたのはアメリカ。
同様にソ連のアフガニスタン侵攻に対抗し、アフガン自由同盟義勇軍をつくったのもアメリカ。
これが後のアルカイダになるわけで。

アメリカのやってることは、過去にやった自国の陰謀のしっぺ返しで、そのケツ拭きに陰謀を繰返すという無間地獄。

sky********さん

2013/1/2614:26:51

真実のところ解りませんが、ブッシュ大統領はそれを口実にフセイン政権を潰したかったのだと思います。
それでなくても、絶えず戦争している中東地域でフセインの様な独裁者が核を持ったとしたら、今の中国や北朝鮮のように厄介な存在になるからです。
だから、ブッシュはイランが大量殺戮兵器を持っていようといまいと攻撃する機会を待っていたのです。

結果的には、正解だったと思います。もし、産油国で大金持ちの独裁国家が核兵器を武器にアメリカに取って代わって国連軍となったら、世界はどうなっていた事でしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる