ここから本文です

肩の脱臼予防法について、スノボで肩を脱臼してしまいました。 7~8年前にも同じ...

yst********さん

2013/1/2814:52:12

肩の脱臼予防法について、スノボで肩を脱臼してしまいました。
7~8年前にも同じ所を脱臼しているので2回目です。また、スノボをしたら脱臼の不安がありどうしたものかと考えてます。手術以外

で予防策があれば教えてください。テーピングなどは有効なのでしょうか?

閲覧数:
3,602
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jag********さん

2013/1/2815:59:20

何度か肩の脱臼について回答したものがあるので、まずは参考に↓

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310003744...

私はかつて手術をしたからといって必ずしも完治しないとも言われたので、手術はしていません。こちらでは手術すべきかの判断ができませんが、手術はせずにスノボを続けるという前提で。

脱臼の再発は、概ね肘が後方に引かれた状態の際に起こり易いので、テーピングによってその動きを抑えるようにします。私は一時期、スキーをする際に痛めた方の肩付近をテーピングしていたことがあります。肩のテーピング例↓

http://www8.ocn.ne.jp/~taharacp/ghtape.htm

必ずしもこの通りにしなくてもよく、要は肘が後方に引けるのを抑えられればよいですが、前に手をついても再発するようならテーピングの仕方も変わるだろうし、日常で再発するレベルだから手術した方がよいのかも。

肩サポーターもあります。私は使ったことはないけど。

http://www.btsky.info/kata/


テーピング用のテープは各社の製品があって、非収縮性のものと収縮性のものに大別され、収縮性のテープを伸ばしながら貼り付けるのがお勧めです。テープ表面の接着剤が肌に合わないと被れるし、非収縮性のテープは強くガチガチに固定され過ぎて動く度に肌が強く引っ張られてしまいます。収縮性の「キネシオテープ」は貼り易いし、剥がしも容易で被れにくく、アンダーラップも不要で特にお勧めです。製品説明には“固定用”としての説明はないけど、伸ばしながら貼り付けることで固定用としても使えます。

痛みが引いてからボードを再開するとして、その後は肩周りの筋トレを徐々に始めるとよいかと。

質問した人からのコメント

2013/1/28 16:11:00

降参 サポーターなんてあるんですね!テーピングは難しそうなので検討してみます。ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

qqx********さん

2013/1/2815:05:29

方法はさまざまですが筋バランスを強化できれば多少は予防できます
テーピングも有効ですが、技術がいるので最初は接骨院などで教えてもらいましょう

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる