ここから本文です

大腸ガンから肝臓転移していて、手術が出来ないので、これからFOLFOXという抗がん...

aya********さん

2013/1/2919:35:09

大腸ガンから肝臓転移していて、手術が出来ないので、これからFOLFOXという抗がん剤治療をします。
抗がん剤と一緒に、他に何か出来る事はありませんか?
漢方薬局にあるフコイダンや、丸山ワ

クチンなど…
気休めかもしれませんが、何かしたいと思ってます。でも、肝臓に負担がかかるとも聞いた事があるので心配です(>_<)
怪しいのに騙されたくもないですけど、何かナイかといろいろと調べています。
副作用が和らぐような物など…

また、【大腸ガン→肝臓転移で抗がん剤で腫瘍が小さくなって手術出来た】という例は、結構あるのでしょうか??
手術出来なくても、腫瘍が少しでも小さくなって、例え治らなくても、ガンと共存して何年も生きられますか(T_T)
どなたか教えて下さい(T_T)

補足みなさんありがとうございました。
諦めず、いろいろと試してみようと思います。

閲覧数:
14,107
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a12********さん

編集あり2013/1/3016:22:37

「癌・治療法」とネットで検索をかけると、実に様々な情報が書かれています。
ご質問にあるようなフコイダンや丸山ワクチンをはじめ、NK細胞活性化療法や霊芝、冬虫夏草などの漢方材料まで。
しかし、これら沢山の情報の中で何が正しくて何が怪しいのか迷ってしまいますね。
ですのでそれらに対して迷わないように、いくつか説明いたします。

○フコイダン フコイダンは海草などのヌルヌルにふくまれる成分で、癌に効果がある「かも」しれないと研究されている物質です。
しかし確かに癌に対して抑制効果が有るとは言い切れず、誰もが納得出来るような科学的データーが存在しないのが実情です。
しかしサプリの世界では、効果がある「かも」ではなく効果が「有るように見せかけて」売り込もうとします。
サプリはただの食品なので、癌に効果が有るものは存在しません。
ですので単純にサプリ=効果無しと考えれば間違いありません。

○丸山ワクチン もう数十年前から繰り返しその効果を確かめる「治験」を行っているにも係らず、未だ国から癌治療薬としての認可を与えられていません。
過去に東北大学や愛知がんセンターが行った臨床試験の結果は「効果なし」でした。
その一方で丸山ワクチンの有用性を訴える人も居るので、国としては「やりたければ個人の判断でどうぞ」というスタンスです。

○NK細胞活性化療法 患者様の血液を一定量採取し、その中に含まれるNK細胞などの免疫細胞を操作して活性化し、それを再び患者様の体内に戻して癌と闘わせるというやり方です。
このような免疫療法は手術、抗癌剤、放射線療法に続く「第四の選択肢」として将来的には大いに注目されています。
しかし、現在の技術では免疫細胞がどの程度活性化しているのか証明できず、仮に活性化できてもその効果は1~2日で失われると言われ、はたしてそれでどれだけ癌に対抗できるか疑問視されています。
ネットなどではこのやり方を行っている医師たちが「末期癌でも治った」「効いた」と宣伝していますが、上記の理由から誇大広告と言わざるをえません。

○漢方薬 癌に効果が有る漢方薬は存在しません。
フコイダンと同様に霊芝や冬虫夏草などに抗癌作用が有る「かも」と研究している人は存在しますが、効果が確認されたという確かなデーターが存在しません。
しかし、癌に伴う食欲不振や体力低下を改善する事には一定の効果が期待できます。
なのであくまで「補助」と捉えておくと良いでしょう。

現在確実に効果のある癌治療は手術、抗癌剤、放射線療法だけです。
上記のようなそれ以外の「癌に効果があるかも」とされるやり方には、大いに疑問符が付くものばかりですし、もしそれを承知で試すとすると、高額の請求をされる事を覚悟しないといけません。

宝くじは当選確率は低いけど、当たりが確実に存在します。
しかし当たりが入っているのか存在しないのか分らない宝くじが有ったとしたら、貴女は買いますか?
本当に効果が有るのかわからない物にお金を出す(しかも高額)のはこれと同じです。
ハイリスクローリターンどころかハイリスクノーリターンかもしれないのです。

患者様の状態や今後の経過予想については、主治医以外にはお答えできないと思います。
それについては主治医を信頼して、じっくりと相談してください。

最後にいくつか提案をいたします。
漢方薬については主治医に相談すると処方してもらえる可能性があります。(食欲増進などの目的で)
この場合は当然健康保険が適応されます。
また、体調維持に鍼灸が効果を発揮する事もあります。
患者様の精神的負担を軽減するのに心安らぐ音楽を流すとか(音楽療法)アロマを使う方法(アロマテラピー)も良いでしょう。
また、最近の研究でお笑いが免疫を活性化する事が分ってきました。
コントや漫才、落語のどのDVDをレンタルして見たり、家族のアルバムなどを見て笑うと、それだけで免疫細胞が活性化して癌と闘う力になってくれます。

何かの参考になれば幸いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mas********さん

2013/2/213:56:06

こんにちは。
大変お辛い状況ですね。

私の友人も大腸から肝臓に癌が転移し、その際、抗癌剤治療を受けることになりましたが正直、体力が持たず、2週間でストップする事となりました。抗癌剤につきましては、癌細胞以外にも、正常細胞まで破壊する事があり、特に、胃・骨髄などに強い負担が掛かる事により結果、免疫力・食欲なども低下していきます。(*もちろん、よい結果が出る方もいらっしゃいます。)


漢方薬やフコイダンなどもよい商品と思いますが、その方の体質などにより、服用するお薬が異なってきたり、合う、合わないなどがありますので、自己判断は注意が必要ですね。

最近は、病院の治療・お薬・漢方薬などと一緒に、ホルミシス鉱石温熱療法(http://blog.livedoor.jp/onneturyouhou/)などをされている方が増えております。ホルミシス鉱石温熱療法は、血液の循環を良好にし、各臓器の活性・免疫力を高める働きなどがあります。血液の循環がよくなることにより、解毒力も高まるため結果、病院の治療・お薬などの副作用予防としても使用されている方が多くなっております。

ホルミシス鉱石温熱マットであれば、病院のお薬や治療などとも併用ができ、副作用も気にすることなく使用できると思いますよ。参考になればと思います。

癌が進行すればするほど、治療法は限られてくると思います。しかし、今だからこそできる事もまだまだあると思いますよ。今後も諦めず、頑張ってくださいね。

kab********さん

2013/1/3022:05:03

母親が3年半前 大腸がんで卵巣に転移していたけど もう年で卵巣 子宮は必要も無いので取り 大腸20CM を取ったら 再発もせず元気だね。
ビタミン 乳酸菌 ローヤルゼリー トマトジュース アスタキサンチン とかたくさんたべさせてるね。最初の頃はサプリだけでお茶碗1杯分もあるのでサプリで満腹で食えなくなるとかいうてたけど慣れると平然と食うね。

まあ サプリで再発を防いでる証拠は無いね。



確かに ウコンとかも肝臓へ転移する可能性が一番高いのでたべさせてるけど 肝臓に転移してしまうと逆に ウコンは肝臓の負担になるみたいだね。

(抗がん剤は2週間でダウンしました。)

確かに抗がん剤で小さくできて 目に見えるものが全部取れれば予後はよくなるみたいだね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる