ここから本文です

清朝崩壊から中華人民共和国の制圧まで、チベットやウイグルの立場はどのような物...

bey********さん

2013/1/3120:26:48

清朝崩壊から中華人民共和国の制圧まで、チベットやウイグルの立場はどのような物だったのでしょうか?
国際社会からは独立国として認められていたのでしょうか?
日中戦争の時には、日本と中

国のどっちの味方をしていたのでしょうか?

閲覧数:
298
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shpfiveさん

2013/2/212:51:28

おっと、d_yontenさんが引用しているのは、私の過去質問ですね(笑)。

で、新疆ウイグルについてですが、かなり複雑です。
少なくとも東トルキスタン共和国だけでも第一次、第二次の別な政権が存在し、間には盛世才による新疆省政府という事実上の独立政権もありました。

とりあえずWikipediaを引用します。
http://mwkp.fresheye.com/mb/m.php/%E6%9D%B1%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82...

なお東トルキスタン共和国の亡命政府がアメリカにあります。
http://mwkp.fresheye.com/mb/m.php/%E6%9D%B1%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82...

Wikipediaは不正確な記述が含まれる場合もありますので、あくまでも参考程度ではありますが、アウトラインはつかめると思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

d_y********さん

2013/2/211:21:06

この質問と似た質問には以前回答していますので、そちらを参照してみてください。
(ウイグルは完全に無視していますが)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1093772060

2013/2/123:24:54

1911年の清朝崩壊後、約40年間、中華民国のさまざまな干渉を受けましたが、チベットは事実上独立状態でした。

それが、第二次大戦後の1951年、中華人民共和国はチベットに侵攻し、全土を制圧しました。

終戦当時、蛮族かけだものの来襲にも似たソ連軍の満州占領に比べ、毛沢東・周恩来の中国共産党軍は紳士的な態度で満州に残された日本人に対応したので、当時の日本人には中国共産党に好意を持っている人が少なからずいたのですが、共産党軍のチベット侵攻はそのような人々に大きなショックを与えました。

GMTさん

編集あり2013/2/207:14:14

チベットやウイグルは18世紀の第6代乾隆帝の時代迄に武力制圧され、1911年「辛亥革命」で翌年に清朝が倒れた後も、ずっと中国領でしたから、国際社会は独立国とは認識してませんでしたし、日中戦争は中国側に立ってたと思います。

追記:1951年中国軍がチベットを占領ってほんとにあったな。あれで、ダライ・ラマ14世が今日に至る迄インドに亡命してる。
すっかり忘れてた。又、約40年間独立状態だったのも初耳で知らなかった。道理で中国軍がチベットに派兵した訳だ。
上の回答者さん、ありがとう。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる