ここから本文です

不倫相手への慰謝料

fnt********さん

2013/2/223:16:39

不倫相手への慰謝料

夫がW不倫をしており
相手の旦那にばれ、脅され慰謝料を請求されたため
弁護士に依頼しましたが
その後音沙汰なしです。
相手の旦那は、弁護士が間に入ったため面倒になったんでしょうか?

また、先月の夫の誕生日に
その女から、わざわざ長期出張先に
誕生日プレゼント(手紙付)を送ってきました。
その手紙には、謝罪の言葉もなく
「大切な〇〇へ」と書いていました。
まだ未練たらたらで
自分のしたことを分かっていないようなので
私から慰謝料を、請求しようと思いますが
同じ弁護士に、依頼してもまた依頼費はとられますか?

いつまでも、こんな女に私の人生を台無しにされたままでは
気がすみません・・・

補足それとも無視した方がいいですか?

閲覧数:
1,279
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

m31********さん

編集あり2013/2/310:38:46

同じ弁護士に依頼した内容が一件落着したのであれば、次の依頼の件数となりますので依頼費はとられますが。最初の内容がわかっていますので、弁護士としても案件としてはやりやすいですので、少しは安くなるかもしれません。

弁護士が最初の依頼でどの様な方法で相手の旦那からの慰謝料の要求が止まったかは、不明ですが「もしかしたらこちらも慰謝料を請求しますよ」と言う事になり相殺にした可能性もありますが。「推測です」

その様に処理した場合はあなたの言う慰謝料を、請求は、あまり効果がありません。又不倫相手の妻が旦那の誕生日プレゼント(手紙付)を送ってきたと言う事は相手の旦那は知らないのではないでしょうか。

であればその事だけで弁護士に依頼しても弁護士費用がトントンか費用倒れになる可能性もありますが、その依頼した弁護士に内容を相談ぐらいならば30分前後「5000円」にして内容をすべて聞く「今思っている、慰謝料事、前回の内容」を聞く事にしてはどうでしょう。

内容の話しを把握してからの行動するか、弁護士の言う意見にするかにしても遅くは無いでしょう。相手の夫婦も離婚の火種が出来ていますので、先はどの様になるかわかりません。しばらくは静観が宜しいのではないでしょうか。


離婚しない相場と離婚した時の相場を記載します。



☆ 判例から見る!慰謝料の相場

慰謝料とは、精神的苦痛に対する損害賠償としての性格をもっています。


浮気相手に請求する慰謝料の金額に上限はないので、あなたが相手から取りたいと思った金
額を請求して構いませんが、常識の範囲内の額を請求しなければ泥沼化する恐れもあります。

先にも述べたとおり、慰謝料に相場というものはありませんが、一般的に、20~100万円(離婚し
た場合は100~300万円)程度の金額を請求する人が多いようなので、その範囲内で相手が支払え
ると思える金額を算出します。

なお、慰謝料の金額で話し合いがまとまらない場合、最終的には裁判所「弁護士の出番」で争うことになります。

その場合、支払者(浮気相手)の財力、年齢、社会的地位、不貞行為の回数・期間、不貞行為を原
因とした離婚の有無など、様々な事情を総合的に判断し慰謝料の額が確定されますが、一般的に、
示談に比べと判決による慰謝料の金額は低くなることが予想されるため、少しでも多く取ることが
目的であれば、示談でまとまる範囲内での金額を請求する方が、やはり賢明なようです。

まだ「台無しにされたままでは」離婚に至ってはいませんが、お互いの精神的苦痛があります。不貞の事はなたが旦那に対しても、苦痛です。相手も同じです。

補足のほうを今は静観して選んだほうが得策です。

質問した人からのコメント

2013/2/4 19:51:08

お二方ありがとうございました。
おそらく、旦那が女にはっきりとした態度をしなかったのが
一番悪いと思います。
弁護士さんに電話しましたら、
やはり、お互いに請求したような形になっているようです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tak********さん

2013/2/412:44:50

◆相手の旦那は、弁護士が間に入ったため面倒になったんでしょうか?

※相手も弁護士を立てなくてはならないと勘違いをして費用面を危惧した、または自身で対応できるレベルを超えたので次の行動が見いだせないでいるのかもしれません。


◆まだ未練たらたらで自分のしたことを分かっていないようなので私から慰謝料を、請求しようと思いますが同じ弁護士に、依頼してもまた依頼費はとられますか?

※請求を棄却する事件で一つ、請求する事件で一つと解釈するので新たに着手金が必要です。


◆それとも無視した方がいいですか?

※最終的な判断はご自分で下すことになります。





【所見】

参考意見として、W不倫で慰謝料請求を行使する場合、自分の能力のみで請求から回収までを成し遂げることができるなら金銭面での損失は最小限で収めることができます。

しかし同請求を弁護士に依頼するとプラスマイナス0か、もしくは若干の赤字になると思います。

プラスマイナス0、もしくは多少の赤字になっても不倫相手にけじめを取らせたい、旦那との関係を経たせたいと思うのであれば弁護士に依頼して請求してもよいと思います。

金銭面のみを考慮し多少なりとも赤字は出したくないというのであれば何もしないのが現実的です。

請求を諦めた場合は、W不倫関係が継続する可能性を含んでいることを忘れないでください。

不倫関係にある当事者は、一度は請求沙汰になったけど結局1円も払わずに済んだね!

これからはばれないようにもっと巧妙に関係を続けましょう…となることを、ある程度覚悟しておく必要もあります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる