ここから本文です

火災保険会社へ住宅破損の請求をしました。保険会社の鑑定会社の対応に不満をもっ...

too********さん

2013/2/423:12:37

火災保険会社へ住宅破損の請求をしました。保険会社の鑑定会社の対応に不満をもっています。
良いアドバイス頂けたら幸いです。よろしくお願いします。

昨年4月に強風災害の為、家の屋根(2階建の家で屋根材はスレート屋根)が壊れました。その時はすぐに直さなくても2年間以内に保険会社へ申請すれば大丈夫と聞いていたので、落ち着いた頃に連絡しようとおもっていました。最近になって火災保険の請求をしようと、屋根の棟板金の釘の浮きと一部にも板金自体がめくれるような浮きがあり、業者から見積もりをもらいその後保険会社に破損写真と業者の見積書を提出いたしました。
数日がたち電話連絡にて保険会社の担当者から鑑定会社がくるという事で了承し後日鑑定会社の方が見えました。
当然申請は屋根の事なので屋根に登ると思っていましたが、スーツの恰好をしていて家の周りを一周しただけで”経年劣化ですね”と言い、ものの15分程度で去っていきました。そして1時間後に保険会社から釘浮き・板金めくれは”経年劣化という事で保険はでません”と言われました。

1、鑑定会社のテキトーな現場調査に納得できません。鑑定会社は破損個所を見ないで鑑定結果をだすのでしょうか?
(2階建ての場合、2階屋根に登らず下から鑑定するのが普通ですか??)
2、希望としては鑑定会社を変えてほしいのですが、保険会社は了承してくれるのでしょうか?
3、そもそも、スレートの棟板金の釘浮きとめくれは経年劣化で保険支払いは0円です。という事も納得いきません。保険会社から提示してきた話をひっくりかえす事も出来るのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

閲覧数:
6,555
回答数:
4
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ms0********さん

2013/2/506:17:13

先の有識者の回答通りです。

1.必要であれば、登って確認します。 登るまでも無く結果が解ったのでしょう。

2.変えても無駄です。 同じ結果となります。 鑑定会社によって見解が変わるなどまず有り得ません。 貴方が、個人的に鑑定料を支払って別の鑑定会社に依頼すれば、違う結果が出る可能性は有ります。

3.「スレートの棟板金の釘浮きとめくれは経年劣化で保険支払いは0円です」は、説明が不親切です。 「経年劣化での釘浮き、捲れは保険金支払いの対象外です。」が正しい説明です。

一つ言えるのは、直ぐに事故報告しなかった事が支払い対象外の理由になった可能性も有ります。
「昨年4月の強風・・・」は、恐らく「爆弾低気圧」の風災だと思います。
当時、強風の被害が相当多数出ており、鑑定会社もも順番待ち(鑑定の)の状態でてんてこ舞いしてました。
事故直後との事も有り、形式的な鑑定で殆どの被害が認定されました。
誰が、「2年以内に・・・」と言ったのか知りませんが、時間が経てば事故の因果関係が薄れていくのは事実なので、早急な事故報告をする事が重要なんです。
多分・・・代理店がまぬけだったんでしょうね。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

neo********さん

2013/2/512:23:51

>昨年4月に強風災害の為、家の屋根(2階建の家で屋根材はスレート屋根)が壊れました。その時はすぐに直さなくても2年間以内に保険会社へ申請すれば大丈夫と聞いていた

誰に?? まさか保険屋担当者ではないでしょ、素人の無責任な助言・・・・。

事故直ちに事故報告する義務が契約者にあります。約款にも規定されてます。通知義務違反ですね。

納得できないなら、訴訟でもしたら?

>保険会社から提示してきた話をひっくりかえす事も出来るのでしょうか?
質問の1,2,3,いずれも門前払いで拒否されます。 不可能です。

mat********さん

2013/2/507:25:26

事故後放置していたことがすべてです。直後に事故報告をしていれば、鑑定も甘く支払われたものと思われます。少なくても外見だけで経年劣化という判断はしなかったでしょう。損傷を放置しておいたため、本来の損傷が確認できなかった可能性があります。

保険金請求には余裕があるのかもしれませんが、保険会社は事故が発生したら速やかに報告するようにも求めています。それは今回のようなトラブルを回避する意味もあります。少なくても事故の報告をして、損害額の確定まではやっておくべきでしたね。

aki********さん

2013/2/423:44:48

保険で対象となる事故は急激、外来、偶然、といった要因を満たす
必要があります。

どこの保険会社も経年劣化は上記を満たさないので、対象外です。

なお、最近は業者が保険で修理ができますよと持ちかけて、過大な
見積もりを出し、保険会社が認めないと、見積もり手数料と称して、見積もりの
5割ぐらいを脅迫的に要求してくる悪質な詐欺的商法も流行しており、
保険会社も警戒していて、簡単には認めないでしょうね。

あお、鑑定のプロは別に屋根に上らなくても判断できますよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる