ここから本文です

経済について 日本は借金だらけの国だし、その他の国も 多くの借金を背負ってい...

blu********さん

2013/2/1001:39:56

経済について
日本は借金だらけの国だし、その他の国も
多くの借金を背負っていると思うんですが、どうしてなんですか?
どんなに学歴のいい人が経済産業大臣になっても借金まみれのままだし

元々、経済学なんて負の方向にしか行かない(絵の中のなんとかみたいな感じで実際は教科書通りにはいかないのでは?)と思うんですが
景気回復しても国の借金なんてどうにもならないと思いますし、

閲覧数:
126
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sab********さん

2013/2/1001:57:02

国民が金くれ、金くれって国にたかって、
それに応えて金をあげてたら、国のカネがなくなったんです。
それでも国民が金くれ、金くれって国にたかるのをやめないし、
金をあげないと選挙で負けるから、借金して得た金をあげてるんです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/2/1409:04:13

借金(国債)の正当性は、作られるものに求められます。

日本について言えば、建設国債がOKとされています。
これは、道路などのインフラは将来世代の人も使用することが前提です。なので、将来世代の人も費用を負担すべきだという考え方から国債を発行してもよいとされています。

赤字国債については、「原則発行禁止」です。
経済学では、景気の悪い時のために、景気のいい時にはたくわえをすることが求められます。しかし日本はバブルの時に蓄えどころか、逆に「もっと成長するだろう」という希望的観測のために、国債を発行しました。そのしわ寄せが今来ています。

景気の悪い時にはどうしても社会保障費などが膨らみます。なので、毎年特別法をつくり、赤字国債を発行しても仕方がないかもしれませんが、それを景気が良くなったら、返していく必要があります。

ですが、今の日本は不条理な借金を背負っており、かつ不条理な不況なので、どうしても景気を回復しないと借金を消すことはできない状況です。(正確にはできないわけではありませんが、高齢者が多くを占める日本では不可能です。)

tar********さん

2013/2/1012:07:30

色んな場所で「借金=悪」みたいな話を聞きますが、全くそんなことありませんよ。国民も車や家を買うために銀行やローン会社に借金をするのです。その借金を元手にして、さらなる利益を生んだり、生活環境を充実させたり、様々でしょう。多くの会社でも借金して投資したりしていますからね。借金をせずに持ち金だけでは大きくはなりませんし、持ち金(現金)は、そんなに増えませんからね。

そもそも、日本の借金は国の借金ではなく(他の国とは少し様子が違います)、ほぼ全額、国民からの借金で賄われています。その借金で国民へのサービスを行っているわけで、民間ができない事業サービスを国が代わってやっていると思えば良いのではないかと思います。

もちろん、あなたがおっしゃるように、経済学だけでは教科書通りにはいきません。時代もどんどん変わります。ほんの10数年前まではパソコンでこんなこともできなかったし、動画を見ることもできなかった。時代の変化に合わせて、経済学なんて変わっていきます。今の大学生に経済学を必死で教えたって、彼らが一人前になるころには時代が変わってしまっていて、学んだことが役に立たなくなってしまいます。そんなことの繰り返しです。

お金をどう使うかは政治家が決めるにしろ、アイデアを出すのは官僚ですから、経済産業大臣が誰であっても変わりませんし、むしろ、財務省官僚の問題でしょう。景気が回復すれば税収が上がりますので借金は減ります。ただし、実際のところ、繰り上げ返済をしないので、税収が上がってお金が残っても、国債を減らすことには使いません。別の事に使います。結局、それも、投資に回ることになりますね。そういう風に世の中は回っていると言うことです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる