ここから本文です

命題論理関数に排他的論理和は存在するのに、排他的論理積や排他的否定和が存在し...

may********さん

2013/2/1019:37:21

命題論理関数に排他的論理和は存在するのに、排他的論理積や排他的否定和が存在しない理由を教えてください。

閲覧数:
2,651
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ycc********さん

編集あり2013/2/1020:04:08

排他的論理和は存在するのに、排他的論理積や排他的否定和が存在しない理由
mayoinekoharuhiさん

「排他的」という語が、「2つの引数がともに真であるときは偽を返す」という意味だとしますと:
「論理積」は2つの引数がともに真であるときに真を返し、その他は偽を返す
→「排他的論理積」は常に偽を返す
「否定和」は2つの引数がともに偽であるときに真を返し、その他は偽を返す
→「排他的否定和」は、単なる否定和と同じ

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる