ここから本文です

未亡人って、夫を亡くした妻。。。 なぜ、『未亡人』と言うのですか?

アタシさん

2006/12/719:06:06

未亡人って、夫を亡くした妻。。。

なぜ、『未亡人』と言うのですか?

閲覧数:
1,583
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kat********さん

2006/12/720:03:57

『未亡人』
未亡人とは元々「夫が死んだら共に妻も死ぬべきという因習に背いて、生きている当人が謙譲の意味で自分を指す言葉」だったようです。
いつ頃か「夫に先立たれた女性一般」を意味するようになって、当人以外も使うようになっていったそうです。
昔は妻は夫の所有物でともに死ぬべきという考えだったようです。
http://gogen-allguide.com/mi/miboujin.html

質問した人からのコメント

2006/12/7 23:14:19

感謝 大変、勉強になりました。
私、未亡人なんですが、
まだ、死なない人。。。って
いったい・・・?と思っていたんです。
ありがとうございました。

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kan********さん

2006/12/721:58:02

夫が死ねば自分も死ぬべきところを、いまだに生き残っている人の意から、
夫と死別した妻が、自分のことをへりくだっていう言葉。
現在では、一般にやもめの婦人をさして言い、自称から他称に転じた語で
あります。

出典は「春秋左氏伝」荘公二十八年、

【訳】のみ記せば、
楚の宰相の子元が、文王の夫人だった息ギを誘惑しようとして、夫人の宮
殿の傍らに別邸を建てて万(ばん)の舞を挙行した。夫人が(その楽の音
を)聞くと泣いて、「先君がこの舞をまわせたのは、戦いの準備のためで
した。ところがいま、宰相はこれを敵の討伐のために使わないで、この
未亡人の側でなさるとは解せないことではないか」と言った。
夫人の侍女からこの話を聞いた子元は「婦人が敵の討伐のことを忘れない
のに、宰相の私が忘れていた」と反省した。その秋、子元は600両の兵
車を率いて鄭(てい)を攻めた。

アルさん

2006/12/719:09:33

そのまんま「夫は亡くなったけど未だ亡くなっていない妻」と言う意味ですね。

墓地に行くと古い墓石に赤い字で、戒名じゃなくて普通の名前が彫って有るの見たことありません?

昔は旦那さんが亡くなると奥さんの名前も墓石に一緒に彫ったんです。赤い字で。

まさに(墓石に名前は彫ってあるけど)「まだ亡くなっていない妻」って感じでしょ?
いい言葉じゃないですよね。

SAЯGさん

2006/12/719:07:55

「未だ亡くなっていない人」っていう差別的というかなんというかあまり良くない言い方だったと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる