ここから本文です

g7d4785c72yh3hさんにご質問です。 日蓮正宗の妙泉寺、讃岐本門寺、本源寺、定...

月宮ねずみさん

2013/2/1323:06:45

g7d4785c72yh3hさんにご質問です。

日蓮正宗の妙泉寺、讃岐本門寺、本源寺、定善寺、本源寺、 忠正寺は後年に日蓮正宗に帰属した寺院でこれらのお寺の御本尊は大石寺座主の『允可』や『開眼』無く御安置されたものと考えられます。

日蓮正宗の教義では法主の『允可』や『開眼』の無い創価学会御の御本尊は偽物であると主張されております。

さて、
『妙泉寺、讃岐本門寺、本源寺、定善寺、本源寺、忠正寺』の寺院にある『御本尊』は
本物ですか?それとも偽物ですか?
回答お願いいたします。
m(__)m

閲覧数:
101
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

g7d********さん

2013/2/1400:29:34

貴方様が挙げられた以外にも建立以後、日蓮正宗に帰属した寺院もあります。讃岐本門寺元々、日興上人の縁故信者の秋山氏の菩提寺です。開基上人を調べれば判る事です。他の寺院に於いても、帰属の時点に於いて御当代上人の允可が為されています。開眼、允可を為にする即物的な捉え方だけで判断するならば、創価学会の模刻された慈折広布大願成就の板曼陀羅本尊も後日、日達上人の允可はありましたが、開眼は御代理でした。学会の通称折伏御本尊は開眼無しでしょうか!允可、開眼を為にする理屈は墓穴を掘ります。

質問した人からのコメント

2013/2/14 00:41:57

感謝 なるほど、開眼は代理でもよく後年に允可を受ける事があればよいわけですね。学会の御本尊も本物になる可能性があるわけですね。回答ありがとうございました。(*^-^*)にぱー

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる