ここから本文です

南京などの中国大陸での侵略での 虐殺行為は一切無かったという日本人は ストウ...

広福♥仙台334さん

2013/2/1820:18:32

南京などの中国大陸での侵略での
虐殺行為は一切無かったという日本人は
ストウ夫人のアンクルトムの小屋の黒人
の扱いは全てデタラメだという南部白人と
同じだって聞いたんだけど皆さん同意ですか?

閲覧数:
412
回答数:
16
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shpfiveさん

2013/2/2219:43:45

少なくとも「南京事件」は「歴史的事実」です。

内容について簡単にいうと1937年からの日本軍による南京攻略戦、及び占領後の数週間にわたって、中国軍人、及び民間人を殺害した事件、ならびに略奪その他の不適切な行為(アリソン事件等含む)を指します。

簡単にまとめたURLがあるので紹介します。
http://www.geocities.jp/yu77799/nankin/shoho.html

略奪については
http://www.geocities.jp/yu77799/nicchuusensou/chouhatu.html

アリソン事件についても
http://www.geocities.jp/yu77799/higasinakano1210.html

を参照してください。

当時行われた唯一の公式調査である「スマイス調査」にも民間人被害者の数字は出ています。

http://www.geocities.jp/yu77799/smythe3.html

死者、行方不明者の全てが日本軍によるものとではないとの見解があり、複数の専門家によれば5000人から12000人程度の日本側による不法殺害があったと考えられています。
反対に明らかに過小の見積りである、との主張もあるので、詳しくはURLの内容をご確認ください。

虐殺の犠牲者数については諸論がありますが、日中歴史共同研究においては2万人から20万人までの範囲で、その存在を認めています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/china/rekishi_kk.html
(日本語論文を「南京虐殺事件」のワードで検索してください)

実は存在しないなどという説はもとより、数百人説などという「学術的に根拠のない」ものは採用されておりません。
「仮にこれを覆すというなら学会での検証に耐えうるだけの仮説を用意する必要があります。」

事件はなかった、あるいは数百人規模であるとの見解は「歴史学者」のすべてが否定しています。
「なかった」という主張は「俗説」です。

この状態から、仮に事件は「なかった」と主張するのであれば、それなりの内容を「公論」として提出する必要はあります。
具体的には「学術論文」等を日本学術会議に参加する「歴史学会」に提出して評価を受ける、といった方法があります。

それを実行する方はいないみたいですが。

事件についての詳細は、ゆうさんの下記サイトをご参照いただければと思います。

南京事件-日中戦争 小さな資料集
http://www.geocities.jp/yu77799/

をどうぞ。

質問した人からのコメント

2013/2/24 20:34:55

成功 三十万と言う数字はともかくとして戦争なんだから数千か
数万の犠牲者はあったとみるのが現実的ですよね。334

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/15件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2013/2/2306:04:19

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n155583

この知恵ノートについてですが、戦時重罪犯の処分には、基本的には「審問が必要である」という事についての言及がありません。

例えば、戦前の代表的な国際法学者の1人である、立作太郎氏の「戰時國際法」(有斐閣書房 1913年)には

「戰時重罪人ハ軍事裁制所又ハ其他ノ交戰國ノ任意ニ定ムル裁判所ニ於テ審問スヘキモノトス然レトモ審問ヲ爲サスシテ處罰スルコトヲ得サルヘキナリ」
(「戰時國際法」P50)とあります。

なので、第1次世界大戦前に、既に、戦時重罪犯の処分には「審問が必要である」ことが、国際法として成立していたことは明白です。

その後、変わっていないことも、例えば、1937年に海軍大臣官房が配布した「戰時國際法規綱要」(当時の海軍次官、山本五十六の名前で配付された海軍の公式文書。主に海戦に関する戦時国際法の解説書であるが、海軍は、陸戦隊を持ち、陸戦を行う場合もあったため、陸戦に関する戦時国際法の解説も含まれている。)では、戦時重罪の処罰として

「(1) 戦時重罪ハ、死刑又ハ夫レ以下ノ刑ヲ以テ處断スルヲ例トス。 之ガ審問ハ、各国ノ定ムル機關ニ於テ爲スモノナルモ、全然審問ラ行フコトナクシテ處罰スルコトハ、慣例上禁ゼラルル所ナリ。」

(「戰時國際法規綱要」P53)

としており、戦時重罪犯の処分には、審問が必要であることをはっきり示しています。

信夫淳平氏自体『戦時国際法提要』(上)P565)
において

「俘虜捕獲者が多数の俘虜を安全に警護する能はず将た給養する能はずとか、又は敵が間もなく形勢を盛返して俘虜を奪回するやも知れずとかの単なる事実は、捕獲者側に真箇の死活的危険があるに非ざる限り、未だ以て助命の拒絶を正当視せしむるに足らざることを銘記するを要する。」

と、しています。

信夫淳平氏は「捕獲者側に真箇の死活的危険があるに非ざる限り」としており、無条件の処刑は肯定していません。

同時代に捕虜、投降兵の「無裁判による」大量処刑を「捕獲者側に真箇の死活的危険がある」場合を除いて、肯定する、というなら根拠をどうぞ。

ついでに、これも引用しておきます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114321926

http://homepage3.nifty.com/hirorin/nankin00.htm

編集あり2013/2/2320:15:59

shpfive氏いわく、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1078408520
『そうした中で例えば「国際法」に対する見解など、いくつもの長所を持つ貴方様の意見は貴重であると考えています。』
お褒めいただいて光栄です(笑

便衣兵の「処刑」に裁判は必要だったのか
http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/Law_01.html
便衣兵に審問など必要ありません。
そんなのとっくに論破されてます。
あなたもお墨付きくれたじゃありませんか(笑


shpfive氏 はこんな人です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310184275...
shpfiveいわく、
『北岡伸一が言っているんだからあったんだよ。何を根拠に何があったのかなんて考えちゃいけないよ。』
カルト信者が念仏を唱えるようにただただ結論唱えるだけで、学術的な論証はまったく示しません。
結論ばかり唱える人にはご用心!

追記終わり)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1210251626...
絶対に「何を根拠に何があったのか」を答えない「南京事件」肯定派
詭弁を弄して、否定派に「南京事件を定義しろ」とか「何がどう無かったのか」と逆質問する有様。

彼らがよりどころにするのは「日中歴史共同研究」という政治的妥協の産物です。
「政治・外交」と「学問・言論」の区別がついていないかわいそうな人たちです。

南京大虐殺(南京事件)はいつも政治プロパガンダが先行して語られてきました。

『南京大虐殺』論争の経緯
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n149502

学術的に考えるのなら、きちんと史実と国際法に基づいてゼロから論証しなければなりません。

『南京大虐殺(南京事件)』での一般市民殺害は?~スマイス報告を中心に
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n151348

もはや焦点は「捕虜の処刑は”虐殺”か?」と言うところが焦点になってきているようです。

南京は戦場だったのに、敵兵士を処刑したら虐殺になるのか?

捕虜の処刑は"虐殺"か?~”南京事件”肯定派「ゆう」氏を論破してみました
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n155583

まぁ、一瞬の躊躇が命取りになる戦場で、70年前の「現場兵士の国際法解釈」の是非をつつきまわす肯定派は、いったい何が目的なのでしょうか?

【結論】
日本軍による一般市民殺害は「国際委員会の日本軍犯罪統計」の49人が上限である。
http://www.history.gr.jp/~nanking/reason04.html

捕虜の処刑については、
佐藤和男氏『南京事件と戦時国際法』
http://www21.atwiki.jp/nankin1937/pages/16.html
もはや南京事件は、学者が過去の事例として学問の範疇で題材にする程度のことに過ぎません。

南京事件肯定派shpfive氏いわく、
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1078408520
『そうした中で例えば「国際法」に対する見解など、いくつもの長所を持つ貴方様の意見は貴重であると考えています。』
お墨付き頂きました(笑


その他参考URL)

”南京大虐殺”の重要かつ不可欠な13のポイント
http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-387.html

”南京大虐殺”のまとめ 責任者は蒋介石・唐生智 日本は無罪
http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-258.html

挙証責任はどちらにあるか?
http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-828.html

南京大虐殺は実は「漢奸狩り」
http://nomorepropaganda.blog39.fc2.com/blog-entry-232.html





南京市民と楽しく会話する日本兵ら(1937.12.20撮影 南京占領の7日後 支那事変写真全集1938年刊)

shpfive氏いわく、...

par********さん

2013/2/1900:26:23

それって、ナチスが大虐殺したんだから日本軍も大虐殺したに違いない、っていう論理と同じですよね。

gaf********さん

2013/2/1821:47:59

南京陥落後に撮影された風景
http://www.history.gr.jp/~nanking/fukei.html

昭和12(1937)年12月13日、南京事件が起きたとされる時期である陥落以降に撮影された写真ばかりを集めました。
陥落当時には120名をこえる報道陣が南京に滞在していました。(外国人記者達を含めて)
彼らの多くは戦争が終わり、南京が平和に復興する様子を写真などによって撮影、記録しています。
日本兵と中国人との心温まる交流も多数記録されているのです。

ところが戦後、これらの写真を「朝日新聞」、「毎日新聞」「岩波書店」、「日教組」、「NHK」などのサヨク系団体や組織によって封印されたのです。
戦争ですから戦死体があるのは当然ですが、虐殺とは全く無関係の写真を大虐殺の証拠として(特に)朝日、毎日、岩波書店、日教組、(サヨク)系マスコミなどが大宣伝を行い、現在でも日本国民を洗脳しています。

ホームページ作者はこれら写真を集めるうちに、事実とは大きく異なるウソ宣伝を行う報道(マスコミ)に対して信じられなくなりました。
南京の真実を報道しているのは唯一、産経新聞だけなのです・・・朝日、毎日、日教組、TV朝日(朝日新聞系)、TBS(毎日新聞系)許すまじ・・・。

pun********さん

2013/2/1821:43:01

中国人や韓国人に良く話し するが この手合いの話しになると君の様に同意を

求めて来る 私は、現代を生きる俺には 関係無いとひと蹴り(`・ω・´) お前らは

俺と付き合い辞めるのか 過去の100年前 ほじりだすが、と言うと中国人は黙る

韓国人は、謝罪が無いと言う なら別れようと席を立つと話は終わって無いと言うので

別れた他人のお前達と話す事は無いと(`・ω・´) 言うと 両方共怒るなと言いながら

酒を継に来る 後は一切過去の事は言わない 毎度その繰り返し 学習能力有るのかと

毎回思う しかし その阿呆さが 俺には面白い 結論(`・ω・´)昔の事気に入らなければ他人に

なるだけ 他にも沢山現代生きる人は居るって事だよ わかんねーだろうな(^O^)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる