ここから本文です

傷害致死と過失致死あるいは保護責任者遺棄致傷罪?

bal********さん

2013/2/1821:03:06

傷害致死と過失致死あるいは保護責任者遺棄致傷罪?

(例)
街でチンピラにからまれ、
相手がナイフを出して襲い掛かってきたとします。
偶然所持していたハサミで、身を守るために腹部を刺しました。
(こんな偶然は有り得ませんが、そこは目を瞑って下さい)
相手は倒れます。救急車を呼べば助かりましたが、
気が動転していて結果として呼ばなかった。
(その場からは立ち去らず放心状態)

質問
恐らく普通で考えれば正当防衛が認められると思います。
救急車を呼ばなかったことに関しては分かりません。
ただ今回は起訴されることを前提として御願いします。
罪に問われるとすれば、どういう罪で問われるのでしょうか?

私が混乱している部分は、
正当防衛が認められなかった場合、傷害致死になるのか。
でも死んだ原因は救急車を呼ばなかったからとなれば、過失致死になるのか?
それとも二つまとめて過失致傷罪なのか?
(ウィキで見たのですが、いまんいち分からなくて)

今回の場合、保護責任者遺棄致傷罪には問われませんよね?

突然で恐縮ですが、
どうかよろしく御願い致します。
ちなみに小説を書く上で参考に致したく、質問しております。

補足回答ありがとうございます。仮にこれが強盗と店員だった場合は、
盗犯等ノ防止及処分ニ関スル法律によって正当防衛になるのでしょうか?
ただ救急車を呼ばなかった場合、保護責任者遺棄致傷罪になるのでしょうか?
強盗に対する保護責任が生じるのでしょうか?
(これは襲い掛かってきたチンピラに対しても思うのですが)
重ねての質問で申し訳ありませんが御願いします。
もしあれでしたら、もう一度、別の質問として書かせて頂きます。

閲覧数:
1,006
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

akr********さん

2013/2/2102:22:55

結局被害者は死亡したのでしょうか?
死亡したとすると,行為者の行為は,傷害致死罪の構成要件に該当するが,正当防衛が成立し,傷害致死罪は成立しない,と表現するのがふつうかなと思います(ただし,事情が少なく確定できないというのが本音です)。

この事案は,刺したという作為をとらえて傷害致死とするか,救急車を呼ばなかったという不作為をとらえて保護責任者(または単純)遺棄致死とするか,考える余地があります。
私の見解としましては,はさみで腹部という枢要部を指すという行為はそれなりに死亡結果をもたらす可能性がある行為であることからすると,死亡という結果は,救急車をよばなかった不作為よりも,はさみでさしたという作為によって生じた部分が大きいといえます。したがって,作為をとらえて刑法的に評価する方が適切かと思います。

このあたりは,なかなか難しいところですが,実際上も傷害致死で起訴されるのではないかと推測します。

なお,作為でとらえるにしろ,不作為でとらえるにしろ,傷害の故意ないし遺棄=危険な状態におく故意は認められると思うので,過失犯である過失致死は成立しないことを付言しておきます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる