ここから本文です

seamastet0117さんへ。 僕が体脂肪率3%を超不健康体の領域とコメントした事につ...

tar********さん

2013/2/1919:06:24

seamastet0117さんへ。
僕が体脂肪率3%を超不健康体の領域とコメントした事について、以下のコメントをされた事について腹が立ったので質問させていただきます。

-------



下の回答者は器具の使いかたも知らない貧弱だからわからんだろに
3%〜5%で健康体の人は普通にいるけど?
あなたは医者か?
何もしらない人間が主張だけするなクズ人間が




-----
正直、こういう話題で腹が立ったのは久しぶりです。
3~5%で健康体の人が普通にいるなんて初めて聞きました。
しかも、「器具の使いかたも知らない貧弱だからわからん」なんて事を言う人から言われるなんて思いませんでした。
自分は66kg級で柔道をしていたのですが、当時は体重調整が難しく60kg級、66kg級の知人らとよくトレーニング内容や体脂肪率について情報交換をしていたのですがスリムマッチョばかりのその中でもフリーウェイト時の体脂肪率が一番低いのは7%でした。
体脂肪率の理想値については専門家の中でもかなり興味深いテーマらしいですが、seamastet0117さんが言う「器具の使いかた」を知り尽くしたボディビルダーでさえ、フリーウェイト時の体脂肪率が10%超の人は存在し、コンテストのためのシェイプを作るために減量を行い極限まで削って4~6%と聞きます。減量を行った計量時のボクサーも同じぐらいとの事です(ただし、このあたりの数値は市販の体脂肪計ではエラーになる場合も多い)。
筋生理学学術博士の山内潤一郎さんら専門家の見解では成人男性が生命維持するための必須体脂肪は3~5%、2%は死に至る可能性が高いというものがほとんどのようで、実際に世界選手権に挑戦するために極限のシェイプアップを図ったボディビルダー・マッスル北村さんは体脂肪率3%未満まで追い込んだ結果、心不全で亡くなりました。
長友佑都選手や室伏広治選手がよくメディアで体脂肪率3%と扱われるようですが、正直これにはかなり疑問を感じ調べてみたところ両者ともにかなり前(しかも今とかなり体系が違う時)に市販の体脂肪計で3%台を表示した結果、「体脂肪率3%」がメディアで広まったようです(よって、現在の体脂肪率は不明)。
そもそも、体脂肪というものは体力や免疫力を維持するためには絶対に必要なもので10%前後になると市販の体脂肪計では数値もけっこう不安定になってました。
僕は前々から一般層の「体重と体脂肪の数値は低い方ほど良い」という安易な考えに激しく疑問を抱いています。
seamastet0117さんがおっしゃる「3%〜5%で健康体の人は普通にいる」根拠を教えてください。

補足体のしくみに詳しい方、ボディビルダーの方、体重調整を要するスポーツ経験のある方、その他アスリートの方の見解、意見もお待ちしております。

この質問は、sea********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
558
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mke********さん

2013/2/2016:13:20

どうも!

体脂肪が3~5%で日常生活を送っている方はいないはずです。まず、そんな状態では生活できません。
脂肪は、人体を動かすエネルギーの素ですから、これがなければ生活は厳しいです。
運動後に、エネルギーを消費して3%程度まで落ちることがあっても、1%や2%は聞いたことないです。
ただし、今までそのような検体に遭遇した経験がないだけです。
そういう方達を知っている人がいるのであれば、それが現実であって、正しいということになります。

ちなみに、筋を肥大させる場合はエネルギー(脂質)が必要ですから、脂肪は必要となりますので、ある程度の脂肪を蓄えているんです。
エネルギーがなければ、筋からエネルギーを使わてしまい、筋が退化しますからね。

低体脂肪率による死亡例を出されていますが、それが必ずしも命に直結する原因とはいえません。
心不全の原因が、体脂肪の欠如だけだとは判断できないからです。

確かに、体重の数値が低い=健康体ではありません。
脂肪より、筋肉の方が体積が重いですので、筋力量が上がれば、必然的に体重が上がってしまします。
つまり、その状態で体脂肪率の計算を行うと、『太り過ぎ』となってしまします。
いくら体重の数値が低くても、脂肪ばっかりじゃ、関節痛の原因にもなりますし、骨粗鬆症などの要因にもなりますしね。
これは、運動の理論を知っている人であれば、常識といえます。

こういう話があります、日本で行われているメタボリックシンドロームの診断基準ですが、当初は
『ウエスト周囲 男性85㎝ 女性90㎝(数値は違うかもしれません…)』
『最高血圧130mmHg以上 最低血圧85mmHg以上』
『空腹時血糖値110mg/dL以上』
上記の2項目に該当した場合はメタボリックシンドロームの疑いが高いでした。
ですが、良く考えると、身長が高ければ体格がいい場合が多く、内臓脂肪が少なくても腹囲85㎝を超えてしまうとは思いませんか?
逆に身長が低く体格が小さい場合は、内臓脂肪が多くても腹囲85㎝未満になる確率が高くなるんです。
となると、身長が高くて体格がよく、基準より低い内臓脂肪があり腹囲が85㎝を超えた場合、運悪く血圧の調子が悪ければ、メタボリックシンドローム予備軍となってしまいます。
(※メタボリックシンドロームの診断基準は現在変更されています)

上記判断基準は有識者会議で決定されたものですが、卓上でしか物事を考えていないと、現実に目を向けれずに、このような簡単なことも事前にわからなくなります。
数値にこだわる学者さんたちの悪い癖ですね。

つまり、数値は数値であって、必ずしも正しいとは限らないということです。
ちょっとだけ例を上げときます。

例1
僕は、拒食症の方で、体脂肪率2%の人は見たことありますが、その方は超ガリガリでした。
確か、体重が、成人女性でしたが28~30㌔でした。
その方は、健康体とはいえませんでしたけど・・・

例2
イチローは7%前後といっていました。まあ、毎朝カレー食っているのになんでその基準で推移できるんだよとは思いましたが…。
イチロー食生活にあまり関心がないそうなので、内臓脂肪があると考えられます。
ということは、身体だけで考えれば5%程度だと予測されます。

一人は体脂肪率が低く不健康であり、一人は体脂肪率が低くプロ選手です。
結論としては、根拠や正論はないと言えます。

質問した人からのコメント

2013/2/20 21:37:54

成功 こういう補足する形の意見をお待ちしておりました。メタボ基準、改めて見ると酷い。上記についてはコンディションと低体脂肪率の両立の難しさを痛感した日々を否定された気がして許せなかったので。他の意見も欲しいのでもうひとつの質問は継続します。


>seamastet0117
お前、最初「普通に」って書いたよな?
3~5%はありえても、本来目指すべき数値じゃない。
「普通にある」健康的な数値じゃねえよ、カス。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

投稿内容に関する注意

sea********さん

リクエストマッチ

編集あり2013/2/2017:55:50

暇人やね

必死でなにより

自分自身で書き込みしてる

筋生理学学術博士の山内潤一郎さんら専門家の見解では成人男性が生命維持するための必須体脂肪は3~5%
って書き込みしてるけど頭悪いの?
生命維持するための必須体脂肪の意味わかる?

常に体脂肪率3〜5%を維持してれば
身体に悪いだろうね(笑)


もう少し勉強してこいクズ人間

あと借り物の知識振りかざしてもクズ人間はクズ人間だからね

もう少し頭柔らかくお願いしますね

極端すぎ

キチガイ消えろ

第一に人それぞれ身体が違うのに頭悪いの?

また暇な時に見にくるよ
そちらみたいに常に暇ではないので

上の回答者は素晴らしいね

なぜこういう答えがだせない

クズ人間

プロフィール画像

カテゴリマスター

bla********さん

2013/2/1919:53:31

私は朝のトレーニング後、体内水分が低い状態で体脂肪を測りますが7です。ただこの値ではマラソン、レース、トレイランなど大会参加する状態ではありません。3%はおっしゃる通り日常生活に支障をきたすレベルです。減量し計測時のボクサーじゃないんだから。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる