ここから本文です

明治初期の神道国教化政策が政府の思惑通りに進まなかったのはなぜですか。

ygjdjsjdjjdiさん

2013/2/2000:17:00

明治初期の神道国教化政策が政府の思惑通りに進まなかったのはなぜですか。

閲覧数:
1,381
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rahabu821さん

2013/2/2012:19:56

神道を人工的に国教化する、という考えがあまりに現実離れしていたからです。

神道は古くから他宗教を容認し、仏教とは切り離すことがほとんど無理でした。
そのため、国教化活動には仏教勢力が参加する、という奇妙な事になりますが。
当然、仏教側としては面白くないため、非協力や離脱が相次ぎます。
さらに欧米で近代法や合理主義を学んだ政府要人らは、信教の自由の観点から、国教を作るという考え自体に異議を唱えるようになります。

また、キリスト教を認めてほしい外国からの抗議もありました。

結局、「神道は国教ではない、国家の宗祠だ」という一見して意味がわからない落しどころ選ぶ事となりました。

質問した人からのコメント

2013/2/23 11:32:54

よく分かりました。ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。