ここから本文です

アメリカの貯蓄率の低下要因

coc********さん

2013/2/2314:36:05

アメリカの貯蓄率の低下要因

1980年代半ばから現在に至るまでアメリカの貯蓄率が低下傾向に見られますが、そもそもの要因は何ですか?
長生きのリスクからの開放ですか?

回答お願いします。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
234
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yji********さん

2013/2/2410:52:01

そこそこ収入のある中産階級は株や不動産などに若い時から投資します。そして年金が貰えるリタイヤの時期になるとそれを売って田舎や南部の土地と生活費の安い地方に転居し、理想的には年金と利息で残りの人生を過ごすのが典型とされていました。未だにそう思っている人も多いのでは。それから物価が上がり貯蓄に回すより生活費に回す事が増加している印象です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる