アカデミー賞に限らず、色んな映画賞には「監督賞」と「作品賞」がありますが、選定基準はどう違うんですか? 素人考えだと、「監督賞」をもらえるほど「監督が優秀」だから「良い作品」にな

外国映画1,014閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

その他の回答(4件)

0

作品賞は俳優たちが出たい映画であるかどうか、というのが大きいらしいですよ。俳優たちが生き生きと演技をしている映画は作品賞を取りやすいようです。 今回のアカデミー賞でいうところの「ライフ・オブ・パイ」のようなCGバリバリの映画はほとんど作品賞を取りません。アバターも然り。 今回の監督賞のアン・リーはなかなか意外でしたが、プロジェクトリーダーとしての手腕のようなものを評価されたように感じます。

0

「監督賞」は監督に対し、「作品賞」は制作したプロデューサーに対して贈られます。 ですから、賞を上げる対象が一応異なるのです。 アカデミー賞でのノミネート選定は、監督賞についてはアカデミー会員のうち、映画監督の会員が行います。 作品賞のノミネート選定、およびノミネート後の本投票は会員全員が行います。 ですから、ノミネートの段階では「監督の内輪の賞」みたいなニュアンスはあるかもしれませんね。 ただ、アカデミー賞では過去は監督賞と作品賞が一致することが多く、とらえ方としてはおっしゃる通りなのかも知れません。

0

御存知のように、映画は総合芸術です。 映画は、凡作でも印象に残る主題歌って、ありますね。 それと同じで、作品が素晴らしくても、それは女優が良かったからとか、撮影がぴか一だったとか、SFXが凄いとか、作品の評価を決める要素は、様々です。 従って、作品の良さ=演出力とは、ならないのです。

0

アカデミー賞は映画界に多大な貢献をした人が入会できる映画芸術科学アカデミーの会員の投票で決まります。 ゴールデングローブ賞はハリウッド外国人記者協会の会員の投票で決まります。 他の様々な映画祭は、毎年選出される数人の審査員が独断で決めます。 投票や独断で決めているので、当然裏工作や感情論なども絡んでくるでしょうね。 良い作品、というのは人によって違うので投票なんです。