ここから本文です

北海道の賃貸物件に住んでいます。 灯油ストーブの物件ですが、外の排気口部分に...

yas********さん

2013/2/2809:59:54

北海道の賃貸物件に住んでいます。
灯油ストーブの物件ですが、外の排気口部分に雪が詰まり、不完全燃焼を起こしました。
その後、灯油の匂いが部屋に充満するようになりました。

ここで質問ですが、契約書には故意または過失の場合は借主負担での修理と書いていますが、この場合は過失にあたるのでしょうか?
契約の際、そういう説明(こまめな除雪等)はなかったので・・・。
分かる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

閲覧数:
1,509
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lev********さん

2013/2/2812:25:22

元ガス屋です。

よく賃貸のアパートマンションでありましたね。設計上の問題や

その年の風や降雪によって起きたり起きなかったりするものです。

過失に該当するかと言えばかなりあいまいです。

現実問題はその灯油ストーブも灯油がメーター計り売りならまず間違いなく

燃料会社の貸与品って事になりますからね。

そして、こまめに除雪できる場所なのかどうなのか?ってのも問題です。

個人的にというか、会社としても明らかに入居者が壊した場合以外は無償で

修理していましたね。でないと、このややこしい貸与を説明したりしなきゃ

ならないですから・・・。

で、修理もそれほどめんどくさくなく試験燃焼を含めて小一時間コースですかね。

内部に溜まった灯油をスポイトで除去して、排気筒を掘り出して試験燃焼と。

多分、現在室内で充満している灯油のにおいは燃焼室内に溜まった灯油が

パッキンという不燃性繊維にしみ込んでにおってきていると思いますね。

仮に不完全燃焼で発生するタールやススでも発生回数が1、2回であれば

全開火力で1時間も燃焼させれば焼ききれます。

室内はややしばらく鼻につくにおいが残るかもれませんが、1週間もすれば

取れますね。

一応経験談ですがご参考までに。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ten********さん

2013/2/2810:24:28

〇=( ̄ω ̄)=〇
天災による被害については、
特例になるのでなんとも言えないでやんす。

例えば、建物の売買契約において
契約後に天災で当該物件が消失しても
契約は有効で、買主には残金の支払い義務が発生するとか

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる