ここから本文です

JR西日本城端線と高山本線は北陸新幹線開業後もJR西日本が引き続き運営して行くよ...

lifeateさん

2013/3/206:23:57

JR西日本城端線と高山本線は北陸新幹線開業後もJR西日本が引き続き運営して行くようですが、どうして第3セクター会社に引き継がないのでしょうか。
城端線は他の路線とも接続しない盲腸線のようですが。

閲覧数:
643
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2013/3/210:29:19

JR西日本としては「整備新幹線を敷くのでこの際、やっかいな盲腸線をきりはなしたい」という意図があっての要請で、あなたのような実情を知らない御仁が、単純に「形を整えればいい」と思って同調されているようですね。

企業経営、ましてや公共交通にはド素人の鉄道運営を自治体が寄り集まって担うという第三セクター鉄道会社というものは、全国どこでもやっかいものなのです。
国鉄解体以降、どれだけ地方自治体に負担を押しつけてきているか、だからといって地元住民の足を廃止したり、鉄道をなくして地域イメージを損ないたくないというジレンマに悩まされ続けています。

北陸新幹線(いまにして思えば贅沢品以外のなにものでもない)の代償に裏縦貫線、北陸本線の市振~倶利伽藍間をひきうけざるをえない富山県には、あらたに年間110億円もの財政負担が課せられると見込まれます。いろいろと減額させる工夫をしているようですが。
ましてや、並行していない複数の在来線を引き取る義務はありません、断って当然なのです。
城端線は南栃市と富山・高岡の都市圏を繋ぐネットワーク、氷見線には、伏木工業地帯への貨物輸送の任務もあります。

「イナカの自治体の財政問題なんか、おれたち都会住民にはカンケーナイ」などとは間違っても考えないように。現在の地方制度では、地方財政が困窮すれば、地方交付金の形で中央政府から補填されます。当面は国債でしのぐでしょうが、長期的にはイナカの赤字財政は、国民全体の負担にかかってきます。

JR各社は、民間会社ですから合理化の工夫余地はいくらでもあります、元は26兆円もの国民負担でスタートした会社なのですから いまさら国民負担をふやさず、自分の中で負担すればいいのです。 それができないのなら、並行在来線補填料金を整備新幹線の乗客から料金上乗せで徴収すればいいと考えます。
結果的に高速バスや飛行機に負けようがJRの自業自得です。

質問した人からのコメント

2013/3/9 05:18:58

有難うございました。
第3セクターが引き継がないなら廃止ですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

uwa********さん

2013/3/209:04:36

正式にはわかりませんが、JR西日本は地元に、大糸線の北部・高山線の北部・氷見線・城端線を第三セクターへの移行を打診したという報道がなされたことがありました。しかし、並行在来線ではないことを理由に地元は拒否、そのためJR西日本が運行するのです。
JR西日本としては、できれば手放したいょうです。

shi********さん

2013/3/206:59:17

並行在来線ではありませんからね。
八戸線や大湊線がJR東日本の運営なのも同様の理由です。

nek********さん

2013/3/206:34:53

新幹線の並行在来線では無いからですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる