ここから本文です

水濡れしてしまった小屋裏部分の木材の耐久性について

ede********さん

2013/3/500:10:53

水濡れしてしまった小屋裏部分の木材の耐久性について

北海道で築8年目の2階建て木造住宅に住んでいます。2階にあるウォークインクローゼットの天井のクロスが直径約70cmの範囲でガバガバだったので、剥がしてみたところ、石膏ボードもボロボロでした。小屋裏を見てみると、クロスがガバガバだったところの上部の野地板が部分的に茶色く変色し、垂木には屋根から流れてきたかのように黒いしみができてました。そのような箇所が他に5箇所ほど近くに見られますが、天井のクロスにまでは到達していない程度でした。ハウスメーカーに連絡したところ、現地確認にきて、トタン屋根のトタンの隙間から雨水や雪解け水が入ってきてしまったようだとのことでした。
補修としてやってくれたことは、トタン屋根のトタンの隙間を締めなおしたこと、トタン屋根のコーキングにヒビがある部分は打ち直したこと、トタン屋根のトタン折り曲げ部分に切れてる部分があったのでコーキングを打ったこと、2階天井の石膏ボードとクロスの取替え、小屋裏の水濡れしたであろう部分の断熱材の取替えです。何回かチェックしましたが、現在、水漏れはしていないようです。
しかし、気になっているのは、茶色く変色した野地板や黒く変色した垂木です。ハウスメーカーに聞くと、これ以上、水に濡れることはないので、大丈夫とのことでしたが、、、木はしばらく水に濡れていると腐るでしょうし、現在の状態として、乾いていても変色したままであるとなると、外観上腐っているようには見えずとも、内部的には強度的にかなり脆くなっているのではないかなと疑ってしまいます。そもそも、入居して2年目くらいから、このウォークインクローゼット内だけカビ臭さを感じていました。現在は、ウォークインクローゼット内は臭くないですが、小屋裏内はカビ臭いです。このようなケースだと、ハウスメーカーが悪いということになるんでしょうか。悪いということが予想できているのであれば、この部分を補修するとなると、費用が高額になるので、ハウスメーカーが適当に誤魔化したのではないかと考えてしまいます。
① この水濡れしてしまった小屋裏部分の木材の耐久性について、このまま住んで大丈夫なのかどうか
② ハウスメーカーの是非について、ハウスメーカーに修理させれるかどうか
いかがなものか、お詳しい方、経験者の方などいらっしゃいましたら、どうぞ御教授の程、よろしくお願いいたします。

閲覧数:
512
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kab********さん

2013/3/516:04:43

新築時に耐久性の高い腐り難い木材をハウスメーカーが使っていれば
多少黒くなっていても水に濡れなくなれば乾いて元通りになりますが、
腐りやすい木材でしたら1ヶ月も濡れ続けてたら
もうダメかもしれませんね。

要するに、使われている木材の種類と現状によって
交換しなければいけないか放っといてもいいかが
全く変わってくるということですが。

茶色く変色してるっていうのが元々の木の色だったりしたら
何の心配も無いかもしれませんし、ハウスメーカーが信用できないなら
近所の大工さん辺りにでも見てもらった方がよく解ると思います。

明らかに腐りかけてるようだったら交換はしてくれると思いますよ。

質問した人からのコメント

2013/3/9 12:03:47

降参 ハウスメーカーに確認したところ、使っている木材は腐りにくいものを使っており、現時点で腐ってはいなく、構造上問題ないとのことでした。ご回答ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる