ここから本文です

知人の名義貸しで 債権譲渡された残金の支払い減額はどの程度まで可能でしょうか?...

dc03160226さん

2013/3/808:52:46

知人の名義貸しで 債権譲渡された残金の支払い減額はどの程度まで可能でしょうか?約半値以上支払い済みで 電話交渉で元金の値引きは厳しいと言われています。既に知人は破産しています。

複合機リース合計金 ¥1,575,000 支払い済み金額 ¥1,071,250 残額 ¥503,750
電話交渉で こちらとしても幾ら名義貸しでも 支払う義務が有るので 最初は¥300,000 支払う話をしましたが
上の元金値引きは厳しいと言われ 担当者が最初の言葉で 何とか¥450,000まで用意して下さいと 期限を1カ月
貰う代わりに承諾しましたが 途中会話で¥500,000で 稟議をかけた方が良いと二点三点の発言です 適当なのは
解りますが 私的には早くこの状態から抜け出したくて 歯がゆい状態です、たった50,000の減額がこんなにも難しいとは
思わないのですが 他に良い減額交渉及び手段等が在れば教えて下さい。宜しくお願い致します。

閲覧数:
163
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

papatarouさん

2013/3/1321:44:41

『こちらとしても幾ら名義貸しでも 支払う義務が有るので 』
『良い減額交渉及び手段等が在れば教えて下さい』

複合機リースの会社には、御自身の知人に対する名義貸しは関係ないでしょう、あくまでも破産されていない契約名義人に請求するだけです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。