ここから本文です

富士弦のギターは ストラトタイプ テレキャスタイプ レスポールタイプ SGタイ...

dod********さん

2013/3/1100:38:14

富士弦のギターは
ストラトタイプ
テレキャスタイプ
レスポールタイプ
SGタイプ

どれが一番出来が良くて有名ですか?

閲覧数:
308
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

taj********さん

編集あり2013/3/1101:24:22

海外的には。寺田やマツモクと同じくバーニーブランドを請け負ってたときの、RLCだったかFLCだったかが、めちゃんこ有名ですけどね。
現行も85から上はフジゲンじゃなかったかな?

でも、フェンダージャパン旗揚げ時のJVシリアルも有名ですよね。当時、国内流通分はフェンダージャパン、海外流通分はSquierとして、れっきとしたFender社の下請け(現在は違います。知恵袋内には未だにそうだと思ってる方?もいますが。フェンダージャパン自体が単なるGrecoの事業になって久しいです)の元に製造されてました。
フジゲン自体は、やはり箱物がバックボーンにないため、セットネックは、それほどでもなく…ボルトオンに強いなぁて感じです。
ボルトオンに関しては、世界的にもトップレベルですね。
また、新構造に意欲的で。
Epiphone/Orville作ってた頃は、隠ぺい式(パッと見セットネック)のボルトオンとか作ってました。
何せボルトオンに拘りのある会社だと思います。
初期の自社ブランド(Anboyとかかな?)もボルトオンしかなかったですからね。
人が変わって、セットネックにも積極的になった…のは、まだ近年の話です。っても、GrecoのMRとか。IBANEZのIcemanとか、70年代からそれなりに数はこなしてましたが。

余談ですが、ここの回答者大半は、何を根拠にかしりませんが、なんでもかんでもフジゲンだと思ってる人が多いです。要注意。
フジゲン自体が作ってません、と公にしてる幾つかの事柄も、いつまでも『フジゲンですか?』『そうです』みたいなやり取りが成立してんですよ(笑)



国内じゃあ、やはりセットネックは寺田や東海の方が強いですからね。
事実、Epiphone/Orvilleの頃もフジゲンは殆んどボルトオン担当で、セットネックはやはり寺田やマツモクでしたから。
それは、GrecoのEGの頃からでもそうでしたね。
でも、例えばEG420を数本所有してますが、本当に狂ってこないし、びくともしない。
すごくいいです。

個人的には、フジゲン買うならボルトオンです。

質問した人からのコメント

2013/3/11 20:34:01

詳しく丁寧に教えてくれて
ありがとうございます‼

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

社畜さん

2013/3/1101:21:36

セミオーダーや限定オーダー品を除けば、ELAN一択ですよ。

海外モデルの、T.O.MタイプのELANが新入荷してきましたね。
あれは良い物だと思いますよ、ハイ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる