ここから本文です

2~3歳のクサガメを今季は冬眠させずに室内飼育しておりました。

アバター

ID非公開さん

2013/3/1223:22:39

2~3歳のクサガメを今季は冬眠させずに室内飼育しておりました。

夏場は自然の日光に当ててあげたいのでベランダで飼育(4回です)してあげたいのですが、
カラスに狙われたり、懐いていたのに野生の本能を取り戻して人間に恐怖心を抱くようになりますでしょうか?
とても可愛がっているので健康的には日光浴をさせたいのですが、野生の本能を取り戻して手からエサを食べてくれなくなるとすごく寂しいです。

補足すみません、4階です!

閲覧数:
140
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

カゲマルさん

編集あり2013/3/1312:40:30

そうですね。。。

『外敵』は鳥類だけではなく『タヌキ』『子供』も該当するので、保護ネットくらいは最低でも備えるべきです。

※ 太陽光は非常に好ましいのだが必要以上に浴びると『熱中症』に陥り簡単に死ぬので、『日陰場所』は必ず設けるべし。

『人慣れ』した個体は手から餌を食べたりしますが、長期間を屋外で飼育すると飼育者を忘れ以前の行動を見せなくなる場合もあるので、その点が心配であれば、『定期的に日光浴』をさせるようにし、通常管理は『現状維持』とすれば良いのです。
それでも太陽光の恩恵を受ける事が出来ますので、改め考えてみて下さいな。

追記。

4回→4階かな?

であれば近所の子供は含まれないので、『鳥類と脱走』に配慮すれば良いです。

補足確認しました。

ですよね(笑)

※ 鳥類の被害は実際には少いと思いますが、被害に遭ってからでは遅いので御注意を。

脱走=落下事故となりますので、『脱走』には配慮必要。

アバター

質問した人からのコメント

2013/3/13 17:46:39

降参 定期的な日光浴にしようと思います。
安全第一なので。
みなさんありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jir********さん

編集あり2013/3/1300:00:12

カラスは恐ろしい天敵ですね。
日光浴をしている天然の亀さんはカラスや人間等が接近すると池の水中に逃げます。
飼育環境ではその逃げが出来ません。
カラス避けのネットなどがあったほうがよいですね。
家にも1.5年生のくさかめが四頭います。
飼育槽内では手から餌を食べる様に慣れて居ます。
夏場に庭の200リッターの水槽に入れると、手から餌を摂る様に慣れて居ても警戒して水中に逃げる個性のある亀さんも居ます。
其の200リッターの水槽に入れても野生本能は取り戻すことはありませんね。
餌を入れてやると食べます。
飼育槽に戻しても食べます。
野生本能を取り戻すことはないのでは・・・・とおもいますが。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる