ここから本文です

インスリン抵抗性とは糖尿病ではないのですか? もしくは予備軍なのでしょうか?

shi********さん

2013/3/1401:10:18

インスリン抵抗性とは糖尿病ではないのですか? もしくは予備軍なのでしょうか?

閲覧数:
1,328
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yo_********さん

2013/3/1401:28:41

2型糖尿病の方はインスリン分泌の低下+インスリン抵抗性の2つの病態をあわせ持っています。もちろんどちらの割合が多いかは個人によって、様々です。

結論から言えば、インスリン抵抗性がある方で、すでに血糖値が高く、糖尿病の診断基準を満たしていれば糖尿病ですし、そうでなければ糖尿病ではないものの、これから注意が必要です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

old********さん

2013/3/1412:18:56

インスリン抵抗性とは、インスリンの効きやすさの指標のことで、これ自体で糖尿病とか予備軍とかを判断するものではありません。

糖尿病とは、何らかの原因で耐糖能(糖代謝機能)が衰えて、血糖値が慢性的に高くなる状態を指すもので、その耐糖能を衰えさせる原因のひとつに「インスリン抵抗性の亢進(高くなること)」があるのです。

誰にでもインスリン抵抗性はあるのですが、それが必要以上に高くなると、インスリンの効きが悪くなって、予備軍→糖尿病と進行するのです。

ara********さん

2013/3/1408:06:21

耐糖能の異常(インスリン抵抗性)

予備群

糖尿病の順です。

糖尿病は、血糖値がある値を超えたときの
名称です。

現実には、予備群の段階で合併症は
生じています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる