ここから本文です

山の読み方「やま」と「さん」の違い

bum********さん

2006/12/2921:05:04

山の読み方「やま」と「さん」の違い

山の読み方は浅間山など「やま」と読むものと、富士山など「さん」と読むもの二通りありますが何か分ける基準みたいのがありますか?

閲覧数:
25,803
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sho********さん

2006/12/3001:11:55

「…さん」と読むものは、神の山・信仰の対象山
「…やま」と読むものは、その他の山

ですよ。
今回質問者さんが言ったことを、以前ジャポニカロゴスで問題にされてて
タモリさんが答えて正解していました。

質問した人からのコメント

2006/12/31 15:13:16

感謝 みなさん、どうもありがとうございました。信仰の山か否かが一般論みたいですね。

「やまとさんの違い」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ka0********さん

編集あり2006/12/2922:09:10

原則的に、音読みの山の場合は「サン」、訓読みの山の場合は「やま」と読むように思います。

「富士山(フジサン)」、「浅間山(あさまやま)」もそうですよね。

手元にある地図の巻末に載っている「おもな山および火山」を高い順に見ていきましょう。
「~岳」という名前のものとは除きます。表記は、前記地図の索引に載っているもの。
「サン」「やま」のどちらにも読むと思われるものには( )内に示しました。
上の原則に合うものは○、外れるものは×をつけてあります。番号は通し番号。

○①富士山・ふじさん
×②白根山・しらねさん
×③御嶽山・おんたけさん
○④立山・たてやま
○⑤白山・はくさん
○⑥浅間山・あさまやま
○⑦男体山・なんたいさん
○⑧妙高山・みょうこうさん
○⑨大雪山・たいせつざん
○⑩鳥海山・ちょうかいさん
×⑪岩手山・いわてさん
○⑫吾妻山・あづまやま
×⑬石鎚山・いしづちさん
○⑭月山・がっさん
○⑮戸隠山・とがくしやま
○⑯蔵王山・ざおうざん
×⑰赤城山・あかぎさん(やま)
○⑱磐梯山・ばんだいさん
○⑲久住山・くじゅうさん
○⑳大山・だいせん
○21霧島山・きりしまやま
○22阿蘇山・あそざん

ちょっと例外が多いかなという気もします。
ただ、「音読み+やま」は上記にはありません。
ちなみに、「岳」がつくのは「仙丈ヶ岳」を除いて、すべて訓読みでした。「仙丈ヶ岳」も間に「ヶ(が)」
という訓読みが入っているわけで、純然たる「音読み+岳」はほとんどないと言えそうです。
例 剣岳、北岳、赤石岳、駒ヶ岳、槍ヶ岳・・・

結論
「やま」あるいは「岳」は、訓読みの山につく。
「さん」は原則的に音読みの山につくが、「やま」がつく例もかなりある。

rob********さん

2006/12/2921:26:48

多分、「山」の前の漢字が訓読みなら「やま」、音読みなら「サン」と読むのだと思います。
例えば、浅間山なら「あさま」なので「やま」で、富士山なら「フジ」なので「サン」・・・・

こういうことだと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる