ここから本文です

スピン磁気量子数の総和とスピン角運動量は同一のものなのでしょうか? つまり、...

cha********さん

2013/3/2121:54:14

スピン磁気量子数の総和とスピン角運動量は同一のものなのでしょうか?
つまり、分子のスピン多重度は2S+1という式で表されるかと思いますが、Sがスピン磁気量子数でありスピン角運動量である

という解釈でいいのでしょうか?

閲覧数:
659
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

son********さん

編集あり2013/3/2203:19:11

2S+1において、Sはスピン角運動量の大きさです。

2S+1は多重度ですが、つまり同じスピン角運動量の大きさSに対して、スピンのz成分は2S+1個の値を取るということです
ここで、そのそれぞれの値をスピン磁気量子数(mやm_sと表すことが多い)と呼びます。

つまり
スピン角運動量(の大きさ)はS
スピン磁気量子数はm=-S,-S+1,・・・,S(mの値が2S+1個ある)です

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる