ここから本文です

現在、哲学のもっとも発展した考え方の主流となっているものはどういった考え方で...

wm5********さん

2013/3/2316:22:44

現在、哲学のもっとも発展した考え方の主流となっているものはどういった考え方ですか?

私は西洋哲学を学んでいるわけではなく、ただいろんな考えや哲学の意見、哲学を自分でするのが好きです。
本も読みますけど、哲学の専門的なものの言い回しはややこしく分かりづらいので、できたら誰にでも分かるような説明をしてくださると助かります。
よろしくお願いします。m(_ _)m

補足なるほど、哲学でさえいろんな観点から論じる必要があるのですね。
では、もっとも普遍的なものとしたらどうなりますか?
ごめんなさい、やはり漠然としてしまいますね。

そしたらどんな論点、視点からでもいいです。
なにかポスト現代スタンダードみたいなものはありますか。
どんな意見でも構いません。
よろしくお願いしますm(_ _)m。

閲覧数:
349
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tao********さん

2013/3/2412:09:56

哲学も宗教も、脳の思考で理解する場合は、脳の世界から出ることはできません。脳の思考が休むと、神の世界である自然の情緒と人の心が交流します。哲学や宗教は、脳の論理思考に依存しています。だから脳の世界を回るだけです。宇宙の本体は、脳の世界の外にあります。だから逆に、脳の思考を休ませる事が必要です。脳を休ませる方法は、座禅、瞑想、伝統文化の、茶道、雅楽、義太夫節、演歌、民謡、長唄、能、文楽、浮世絵、落語、歌舞伎、和歌、俳句など 、これらを実践すると、脳波がアルファ波になり、脳が休みます。そして情緒が発生します。情緒は、人を癒し、人を育て、社会を調和に導きます。だから今、子供に必要なのは、哲学、宗教、教育ではなく、情緒教育です。伝統文化を必修科目にして、情緒を教えるべきです。日本人のすべてが、西洋の論理思考文化に染まり、情緒を理解出来なくなっています。伝統文化で、情緒に目覚めましょう。脳の論理思考の時代は、終わりました。新しい時代は、情緒の心の時代です。日本の情緒文化が人類を導きます

質問した人からのコメント

2013/3/29 20:24:40

感謝 皆様、いろいろと興味深いご回答ありがとうございました。
世界の社会的な捉え方とかも面白かったです^ ^

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mur********さん

2013/3/2418:57:52

今はポスト現代スタンダードのようなものがないのが主流といえるでしょう。

かつての哲学の主流というのは軍事力と経済力によって決定されてきました。軍事力と経済力のない哲学は主流にはなれませんでした。

日本では徳川家康の勝利によって幕藩体制、石高制、鎖国(貿易制限)、朱子学、士農工商、武士道という哲学が主流でしたが、幕末明治に到って、富国強兵を実現させるために西欧哲学を主流とさせました。

西欧ではナポレオンのフランス、ウェリントンのイギリス、ビスマルクのプロイセン、この三国が哲学の主流となりました。日本はフランス派の板垣退助、イギリス派の大隈重信、プロイセン派の伊藤博文の対立の末、ドイツ哲学が主流となりました。

その後、ドイツの世界的二連敗によって、アメリカ、イギリス、フランス、ソ連の哲学がゴチャマゼになりつつ、さらに中国の文化大革命、毛沢東主義が世界の新左翼に深刻な影響を与え、米英仏ソ中の五大国の哲学が混沌と入り混じりながら55年体制下の日本の思想を形成してきました。

しかし90年代になってソ連は崩壊し、中国は毛沢東主義を捨て、イギリス・フランスは植民地独立で衰退し、アメリカ一人勝ちかと思いきや、ベトナム戦争、イラク・アフガンの戦争、金本位制度廃止、リーマンショック・サブプライムローン崩壊で財政の崖を迎えている状況です。

つまり純社会主義も失敗し、毛沢東主義も失敗し、植民地帝国主義も欧州連合、統一通貨ユーロも失敗し、アメリカ金融資本主義もなんかヤバそう、というのが現状です。とはいえ今の中国のような開発独裁がスタンダードになることはあり得ません。

冷戦後に構築されつつあったポスト現代スタンダード、規制緩和によるアメリカ式金融資本主義、欧州連合による統一通貨至上主義もいきづまりつつあります。

そこでオバマ・安倍が推進しようとしているポスト現代スタンダードの一つこそ、「TPP」です。そしてもう一つのポスト現代スタンダードの一つが「反TPP」です。コレは単なる経済・関税の問題ではなく、思想・理念・理想像と対立でもあるのです。

もう一つの日本におけるポスト現代スタンダードは親中国と反中国、親ロシアと反ロシアです。どちらが主流かは未だに決まっていません。

fxx********さん

2013/3/2322:17:44

いったい私達の生き方は?何がいいのだろう、誰を信じたらいいのだろう。

神様を信じて幸せに生きよう

神様って本当にいるの?


神様がいなかったら誰を信じるの?誰を信じるの?


神や神話に頼る生き方では自分自身は成長しないよ。

じゃあ神様みたいにすごい人間になったら?

すごい人間とはどんな人間?幸せな人?

神様が誰かに助けてくれなんて言うかい。言わないよ。何でもできちゃうのが神様さ。

神様は幸福かい。幸福を与えているよね。

何でもできるけど1人で生きていくのはできない。

人対人の正義的な生き方をしよう。

何を持って正義とする?押し付けはよくないよ。


いろいろな正義の視点があるけど、それは幸せなの?

もう一度同じ人生でもいいなら幸せだよ。


1人を殺しても同じ人生がいいと思えるなら幸せだと思いますよ。

たぶん思えないと思います。

なぜなら…

さぁ世界情勢から道徳について語ろう。

きっと君だけの人生が見つかるさ。

neo********さん

2013/3/2318:09:27

「現在,哲学のもっとも発展した考え方の主流となっているものはどういった考え方ですか」

リチャード・ローティという米の哲学者(何年か前に亡くなりましたが‥)は「西洋哲学」の「いろんな考えや意見」を検討して論を展開していますネ.他に,イアン・ハッキングという哲学者(こちらは現存)もいますネ.「ポスト現代スタンダード」かは不明ですが,ローティもハッキングも哲学の守備範囲が非常に広いので学ぶところがあるかもしれませんヨ.邦訳されている本もありますから調べてみてはどうでしょうか?そういえば,あと,ファイヤアーベントという人もいましたネ.「西洋哲学」に凝り固まった哲学者や科学者を痛烈に批判しています.参考として,個人的なおススメをいくつか紹介しておきます.

リベラル・ユートピアという希望 リチャード・ローティ 須藤訓任・渡辺啓真訳 岩波書店

言語はなぜ哲学の問題になるのか イアン・ハッキング 伊藤邦武訳 勁草書房

知についての三つの対話 ファイヤアーベント 村上陽一郎訳 ちくま学芸文庫

すいません、自身が哲学というものにまったく疎い人間
であることは、このカテの多くの方がご存じであられるの
ですが、しかし、それでも『哲学のもっとも発展した考え
方の主流』が何かというような質問に、哲学を専門とする
人でも回答し辛いのではないかと思います。
それがどういう分野のどういうテーマに関するものにつ
いて回答したらよいか分からないだろうと想像するから
です。存在論に関するものなのか、認識論に関するも
のなのか、はたまたまったく別のテーマに関するものな
のか。また存在論、認識論とひと口にいっても、その中
にまた様々なテーマがあったりして、あなたの質問は
漠然とし過ぎていないのでしょうか。
哲学にほとんど無知と言える私の回答ですから、あまり
気にされなくてもけっこうですが。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる