ここから本文です

分子間相互作用について

makun222さん

2007/1/723:53:30

分子間相互作用について

油の分子が水中なので引かれ合う相互作用である疎水相互作用はどのくらいの距離に渡って働くものなのでしょうか。また、静電相互作用と比べると働く距離はやはり大きく違うのでしょうか。教えてください。

閲覧数:
2,212
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

marubooroxさん

2007/1/808:00:47

疎水性相互作用は主に分散力に起因します。
従って、その大きさは距離の6乗に反比例です。
静電相互作用はクーロン力ですから距離の2乗に反比例です。
前者が分子2,3個を隔てると無視できる短距離力であるのに対し、
後者は遠くまで働く長距離力です。
結晶中のイオンのポテンシアルを考えるときに用いるマーデルング定数は
クーロン力を無限級数として取り扱ったものです。

質問した人からのコメント

2007/1/11 12:35:21

抱きしめる ありがとうございました。勉強になりました^^

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tamuro00605さん

2007/1/800:26:57

だいぶ想像が入るけど、働く距離は大きく違いますよぉ、たぶん。
そもそも働くメカニズムが違うから。

って言うか、油の分子は水中で引かれ合わないと思う。
水分子どうしが引き合う力によって油の分子が押し出されるのが、油の分子どうしが引かれ合うように見えるだけ。
だから、水中であれば、二つの油の分子の間に水分子が10個もあれば、もう油の分子どうしが引かれ合うように見える現象は起きないと思う。

ラーメンスープに浮かぶ油のマルをイメージしながらの回答でした(^^;

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。