20歳はなぜ「はたち」

補足

回答ありがとうございます。 いろんな回答があるため、ベストアンサーは投票にします。 ありがとうごあいました。

日本語6,879閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

6

6人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

「はたち」の「はた」は2を表す「ふた」がなまり「はた」。 「ち」は9以下の「~つ」と30以上の「~ぢ」という接尾辞が合わさった形の「~ち」という接尾辞になったようです。 20は9と30の中間だから合わされたと思われます。 元来、「はたち」というのは、「20歳」ではなく「20」のことを意味します。

0

私が聞いたのでは・・・・。 お相撲の土俵のまわりに、「旗」を立てる穴が20個あるそうです。 ですから【20】→【旗立ち】→【はたち】となったと聞いた事があります。