ここから本文です

心因性不安について教えてください。

iit********さん

2013/3/2523:43:24

心因性不安について教えてください。

現在心療内科に通院していますが、担当医が”心因性不安”と診断しているんですが、具体的な説明や治療方針についての説明がなく、投薬のみで様子を見ていますが。心因性不安とは一体どんな状態なのでしょうか?
症状…息苦しさ、過呼吸、耳鳴り、時々の震え、独り言、急にいらつき有り、死について考える等です
外出時歩行中のふらつきもあります。(気が付いたら斜め方向に歩いているときがあるのでゆっくり歩行しています。)
わかる範囲で結構ですので、教えてください。

閲覧数:
1,307
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a_g********さん

2013/3/2603:53:17

精神障害には3つの原因の種類があります。「内因性」「外因性」「心因性」です。

そのうちの心因性の精神障害とは、外部からも内部からも身体的な異常が認められない中で起きてしまう精神障害です。かかりやすい器質はあるものの、身体が健康な人にでも起こりうるのがこの心因性の精神障害です。
つまりその原因が、環境やストレスといったような心理的な要因であるものを言います。また「会社でのストレスが継続的に続いている」「恋人と別れた」「身体的欠点(太っている、背が低いなど)を指摘された」「身近な人を亡くした」などといったように、本人にとってこの病気を理由付けるものや、きっかけが存在し、本人が認識しているといったことも、この心因性の精神障害の特徴であるといえます。

そして、心因性の精神障害にはノイローゼや心身症、一部のうつ病が含まれます。実は、以前からよくきく「神経症」はノイローゼの日本語訳なのです。この神経症や心身症はとても種類が多く、かなり個人差もあり、身体に及ぼす影響も様々です。それに伴って治療法も臨機応変に対応していかねばなりません。

基本的には、カウンセリングなどの心理療法が心因性の精神障害には効果が高いとされています。ですが、不安要素や不眠を緩和するための対症治療としては薬物も併用して使われています。また、周囲の環境や人間関係がとても影響してくる病気であるので、その辺りの見地からも治療してく必要があることもいえます。

質問した人からのコメント

2013/3/26 20:03:52

回答ありがとうございます。
今回診断書を再確認したところ、適応障害とのことでした。
但し、歩行中に斜め方向に歩く原因がわからず、とりあえず2種類の投薬を止めて様子を見ようとのことです。念のため耳鼻咽喉科で検査してもらいます。(自律神経関係?)。診断書の治療期間は6か月ですが、今の現状で治癒できるでしょうか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる