ここから本文です

ドラマ・相棒ってなんで水谷豊の相棒ばっかり変わるんですか? 私は寺脇さん演...

has********さん

2013/3/2814:43:27

ドラマ・相棒ってなんで水谷豊の相棒ばっかり変わるんですか?

私は寺脇さん演じる亀山が一番好きでした。 亀山の彼女役も好きでした。

寺脇さんほどではないけど、及川さん演じる相棒もまぁまぁ好きでした。

成宮演じる相棒は大嫌いです。彼女役も誰?

水谷豊の怒りに触れたから降板になったという噂を聞いたことがあるんですが、本当なんですかね?

もし本当だとしたら、水谷豊って何様なんですか?

視聴者としては、しょっちゅう変わられるのは嫌なんですけど。

閲覧数:
3,807
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wal********さん

編集あり2013/3/2818:50:45

水谷豊主演で人気作品だった「探偵事務所」シリーズが1999年6月放送分で原作を使い果たして終了、これに代わる水谷主演の新しいシリーズの企画会議で『コンビ物がいい』として決まったのが「相棒」だからです。

"しょっちゅう、"コロコロ(変わる)"という認識も間違っています。
スタッフの予想以上に人気が大きくなりすぎて、代わるに代われず、結果として亀山君が長くなりすぎただけ。

最初は現在と違い、『土曜ワイド劇場』シリーズの中の一つでした。
『刑事貴族』というドラマで水谷豊と共演経験があったことと「水谷の大ファン」ということでコンビの"相棒"に選ばれたのが寺脇康文でした。

最初の撮影が始まったのは1999年11月下旬、オンエアは2000年6月3日。
それ以降も『土曜ワイド劇場』の枠内で不定期放送を行い、
2002年10月9日から連続ドラマシリーズに昇格して再スタートしたのが現在のシリーズです。

最初の撮影の頃は37歳だった康文さんも、長く続くシリーズに出演するうちに年齢を重ね、40代半ばを過ぎてきます。
すると、"熱血漢でアクティブな相棒"という役柄を演じ続けることに、自分でも違和感を拭えなくなってきたらしい。

「40歳過ぎて、50歳近くになっても軍風ジャケット着て走り回る刑事は、リアリティがない」と。

スタッフサイドも、「"人材の墓場"、"リストラ対象者の場所"であるはずの特命係に亀山薫をずっと置き続けることは、亀山君に失礼では」という意見を持っていて、両者の合意により、「出演終了」が決定したとのこと。

豊さんも康文さんの才能はよく知っていますから、「康文が"亀山君"だけの役者で終わるのは勿体ない。もっと沢山、いろいろな役を演じて欲しい」とアドバイスを送り、更なる飛躍を願って、旅立ちを祝福しました。

光博の場合は、最初から「3年程度をメドに」というオファーでしたので、単に契約を満了しただけです。
「シリーズがどれだけ長く続くか想像もつかないのに長々と付き合わせては気の毒」という気遣い故のこと。

双方ともに円満な"レギュラー出演終了"であって、週刊誌に書かれたような"確執"もありません。
そういうふうに書いた方が、”ゴシップ大好き”な一般大衆に”ウケる”からってだけです。

質問した人からのコメント

2013/3/28 22:34:13

詳しく教えてくださりありがとうございました。
そうだったんですね…、水谷豊には失礼なこと言っちゃったな…。水谷さんごめんなさい。

それでもやっぱり成宮の相棒は好きになれません。
寺脇さんと及川さんの相棒が懐かしいな。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる