ここから本文です

イギリスの航空機産業はなぜ衰亡したのですか。

kii********さん

2013/3/2916:20:54

イギリスの航空機産業はなぜ衰亡したのですか。

大戦後も良い飛行機を作っていたと思うのですが。

たとえばヴィッカースバイカウント
ホーカー トライデント
ヴィッカース VC10など。(なぜだかソ連のIL62Mは非常に売れた)

やはり、コメットの事故によりしばらくジェット機が運航停止になり、その間にライバルであるアメリカが急成長した事が痛かったのでしょうか。

もし、トライデントやVC10などがもっと速く就役してB707やDC8などより先行投入されればもっと違っていましたか。

その後は、ヨーロッパはフランス主導でエアバスA300などクソのような航空機が作られましたが、イギリスが健在なら当時もっといい航空機が制作できたでしょうか。
WWⅡの時点や軍用機のV型など優秀でしたから。

閲覧数:
739
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gyo********さん

2013/3/3021:50:50

国運を賭けて不倶戴天の敵フランスと共同開発したにも関わらずコンコルドが売れなかったから。

質問した人からのコメント

2013/3/31 01:49:28

そういえば、コンコルドというのがありましたね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nak********さん

2013/3/2916:27:30

衰退したのは航空機産業だけではないわけで。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる