ここから本文です

猫の療法食の選び方 phコントロール

ibi********さん

2007/1/1211:57:35

猫の療法食の選び方 phコントロール

2ヶ月前に野良で保護した生後約6ヶ月の猫の尿検査をしたところph値が高いことがわかりました。
ph7.5でした。石まではいかないのですが結晶もみられます。水は1日150cc飲んでいます。
今後結石になる可能性が高いという事でウォルサムのphコントロール1スターターを処方されました。
まだ初期なのでこれを与えて結晶を消すそうです。その後もできれば継続をすすめられました。
また、もう1匹の4歳の猫もついでに切り替えてはと薦められました。いたって健康。
そこで質問なのですが健康な猫にも与えて大丈夫なのでしょうか?
パンフレットを見るとコントロール1.2.3とかパウチ等もありますが症状によって違うのかな?
病院の取り扱いは1種なので他のメーカー(ヒルズ等)も試してみたいです。(ネットで購入予定)
この2猫に両方大丈夫な選び方や商品を教えて下さい。オススメとかもあったら嬉しいです。
子猫は野良だったので好き嫌いしません。
4歳猫はウエットが主でパテ・ペーストタイプしか食べません。身の食感が有る物はダメです。
ドライは何でも食べます。現在普通に売ってるOneのFLUTDをあげています(予防のため)。

もともと予防は心がけててキャットフードも選んでたのにどうして結晶が...ショックです。

補足書き忘れましたが2猫ともメスで完全室内飼いです。
ゴハンはキャットフードのみでオヤツも特にあげてません。

また、治った後も継続を勧められましたがネットでしらべてみるとメスはそこまでしなくても大丈夫とか、
食べ続けると「シュウ酸カルシウムの結石」が出来やすくなると見たので心配です。

閲覧数:
10,323
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bes********さん

2007/1/1212:46:59

うちのニャンも下部尿路疾患に悩まされています。
尿道結石から尿毒症を起こし腎不全になり死に掛けました。
それ以来、怖くてLUTDの療法食しか食べさせていません。

LUTDは頻繁で痛みを伴う排尿、尿中の血液混在および尿道閉塞の両方、
またはいずれか一方の症状を特徴とし、総じて排尿困難を主徴とする症候群です。
LUTDの発生は様々な原因によるものと考えられているようですが尿結石の割合が
高いといわれており、尿結石は
*ストルバイト(リン酸アンモニウム・マグネシウム)と
*シュウ酸カルシウム による尿結石に分かれます。
(中でもストルバイト尿結石が多いようです)

ストルバイト結石は、下記のような状態の猫が罹りやすいといわれています。
・ 年齢は2~7歳
・ 去勢・避妊
・ 運動不足
・ 肥満傾向・肥満
・ 屋内飼育

性別に関しては雄雌ともに変わらないようですが、尿道閉塞は雄で起こりやすいことが
知られてい ます。
また季節(冬に多い)や尿量、フードの給与方法、給与するフードがストルバイト結石の
形成に関与しているといわれてい ます。

尿中のマグネシウム濃度を低く維持することが結晶形成の抑制に有効だとされ
食餌中のマグネシウム含量を制限することがよいとされていますが
最近は食餌中のマグネシウムのみではなく、尿pHの方がより重要なリスクファクターで
あることがわかってきているようです。
(ストルバイト結晶は「尿pHが6.5~6.6より高くなると尿中で形成されやすくなるが、
6.4以下では溶解してしまう」という性質をもっているそうです)

6ヶ月の仔猫ちゃんは、結晶があるということなのでお医者様の言う通り
ウォルサムPHコントロールスターターでよいのではないでしょうか。
(ストルバイト、シュウ酸カルシウム両方に対する初期管理用)

予防・防止を兼ねて継続していくと良いと思います。
ストルバイト、シュウ酸カルシウムどちらなのかお医者様で調べてもらえますので
今後、血尿・結石と症状が進むようであればスターター以外を試してもいいですね。

【主だった商品一例】(ウェットタイプもあります)
*ウォルサムPHコントロール・・・ストルバイト・シュウ酸カルシウム共の食餌療法食
 (フィッシュテイストもあり)
*ヒルズ c/d・・・ストルバイト対応食餌療法食
*ユーカヌバ尿アシスト低ph・・・尿を弱酸性にする、低マグネシウム
*Dr's Care ストルバイトケア・・ストルバイト系

うちの子はユーカヌバ、Dr's Care以外は一切食べません。
ヒルズc/dは私が嗅いでも薬臭く、意地でも食べませんでした。
(Dr'Careは概ね、食いつきがよいそうです)

4歳猫ちゃんは健康であれば(一度、尿検査をお勧めします)
食餌療法食でなくLUTD対策をしているものを選んで上げればよいのではないでしょうか。
(今は結構、多いです。但し、レトルトパウチや缶詰などのウェットタイプだと
対策していないものが多いですね)

 商品説明の参考までに↓
 http://www.dr-nyan.com/store/

水分をたっぷり摂らせ、尿量を多くし結石化させないのも大事な対策です。


長々とすみません、うちの子は一週間入院しました。
精神的な心配と金銭的な心配で泣・泣でしたので
くれぐれもどうぞ、お大事になさって下さいm(__)m

質問した人からのコメント

2007/1/18 17:30:15

笑う ご回答いただきました皆様ありがとうございました。参考にして選びたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nig********さん

2007/1/1221:42:05

猫は基本的にあまり水分を摂らない為、市販のキャットフードなどを与えていると尿路疾患になりやすくなります。
尿路疾患の8割が「ストラバイト尿石症」なのです。
これは安いフードなどに多く含まれるリンやマグネシウムなどの含有量が多いためですが、
そういうフードを食べていると尿疾患に「なりやすい」というだけで、全部の猫がなるわけではありません。
逆に、子猫の時から気をつけて予防食を食べさせていてもなってしまう猫もいます。
そんな場合はその猫の「体質」であって、もうこれはほとんどの場合一生付き合っていく事になるケースが多いです。

処方食は、アルカリになっている猫の尿を中性に保って結晶を溶かしていく作用がありますが、
何も問題のない猫にこの処方食を与え続けると、尿が酸性になってしまい、また違う尿の成分によりまた結晶が出来てしまう可能性があるのです。
問題となるマグネシウムも猫に必要な栄養素であるからなのです。
健康な猫が食べてもよいのは処方食ではなく「維持食」です。
維持食とは、処方食で病状が落ち着いてきた猫に「この状態を維持する」為の目的のフードです。
phコントロールはわかりませんが、ヒルズからは処方食がs/d、維持食がc/dという表示で出ています。

私個人的には、同じ高い金額をフードにかけるなら、問題のない猫ちゃんにはスーパープレミアムフードと言われる一切添加物の入っていない自然食をお勧めします。
これは食べ続けるうちに体質が改善されたり、必要な栄養素の吸収をよくしたりもします。
現在病気の猫ちゃんも、処方食で状態がよくなればこれらのフードを与えて様子を見られる事も良いかと思います。
お勧めはアズミラ、ディーンズです。
http://www.nyandaful.net/top.htm
http://www.azmira-japan.co.jp/

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる