ここから本文です

桜の花の色について 今年の桜の花の色はピンク色が濃いような気がするのですが・...

end********さん

2013/3/3110:43:42

桜の花の色について
今年の桜の花の色はピンク色が濃いような気がするのですが・・・
20年くらい前から、だんだん桜の花の色が白っぽくなってきたような気がしていました。
“桜も樹齢を重ねるうちに色あせてくる”

そう理解していたのですが、今年の桜はピンク色が濃くなった気がします。
気のせいではないと思うのですが、
理由をご存じな方いらっしゃいませんでしょうか?
(私が住んでいるのは千葉県です。)

閲覧数:
3,859
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ook********さん

2013/4/110:02:06

開花後に気温が低いと、ピンクが濃い……その理由を検索かけたら、「ひとつは開花後に気温が低いと、花びらの中にあるアントシアンという赤い色素が分解せずに花びらの中に留まっていることです。この色素は暖かいと分解されて、木の本体に吸収されると思われるんです」。じっくり時間をかけて花開く桜は、色素もゆっくり蓄えて美しい濃いピンク色になるという」
というような記事がありました。
http://news.livedoor.com/article/detail/4082374/

質問した人からのコメント

2013/4/2 09:51:30

抱きしめる 最高のご回答をいただきました。ありがとうございます。
さっそく友人に知ったかぶりしまくってます。

それにしても、
さすがと思ったのはfujiomiyaさんです。回答を読ませていただいたときは、質問の解決は曖昧のままでも、その場でベストアンサーを押してしまいそうになりました。
ベストアンサー数2,376件(46%)ってのも納得がいきます。 見習いたいです。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

fuj********さん

2013/3/3111:11:54

ソメイヨシノなどの淡い色の花びらの桜は、開花から散り際迄の間には、微妙な色の変化を見せます。その状態が命名の元に成った有名な桜が、岐阜県の『薄墨桜』です。この桜の品種は江戸彼岸と言う品種ですが、最初は淡いピンク、白、そして散り際にはその名の通り、薄い墨色へと変化します。科学的な知識は持ち合わせてはいませんが、微妙な色合いを感じ取る日本人の感性は本当に素晴らしいと感じます。この質問を拝見し、自分なりに調べてみたところ、日照時間と気温の変動に関わりが有り、色素の生成能力が低下すると言う記事や、花びらの糖化に関係する等の諸説が有りましたが、確証を得られる説明を見いだす事が出来ませんでした。何はともあれ、桜の花は開花から散る迄の間、見る人それぞれに色々な思いを抱かせてくれる花で、日本人には特別な花だと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる