ここから本文です

惣領制についての質問です。 鎌倉時代末期に嫡子単独相続制に移行した理由の1...

yuk********さん

2013/4/107:23:00

惣領制についての質問です。

鎌倉時代末期に嫡子単独相続制に移行した理由の1つに
『分割相続を行った結果、庶子家の力が上昇して惣領家との対立が出てきた』
とあるのですが…
分割相続

制において庶子家の力が上がるのはどうしてですか?
どなたか教えてください。

閲覧数:
836
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

f27********さん

2013/4/108:08:59

所領を分割相続するということは、庶子も惣領に匹敵する経済力と独自の家臣団を持つ、ということです

それらは、本家を通さず、「鎌倉殿」と直接に主従関係を結ぶわけで、最初のころは同族として結束していても、代を経て血縁関係が薄くなると、結合が弱くなります

力を合わせる身内から、ライバルになってくるわけです

質問した人からのコメント

2013/4/1 13:58:18

血縁関係が薄くなったことがポイントなんですね。
ありがとうございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる