ここから本文です

近親相姦がタブーとされる理由って結局何なのでしょう?

chi********さん

2013/4/118:27:26

近親相姦がタブーとされる理由って結局何なのでしょう?

以下のURLで同じような質問をしていますが、こちらは倫理的な面としての質問です。
向こうの質問も出来れば回答お願いします。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310465916...

一般的な意見としては奇形児が産まれやすくなるから、というものです。
ですが私は少し引っ掛かる点があるのです。

まず、子供を産む事がすべてではないのでは?
もし異常を孕んだ子を産むからダメなのならば、そもそも子供を産めない同性愛は尚更タブー視して当然になるのでは?
子を産まないように避妊をしたりパイプカットなりをしてもダメだと断言する理由とはなんなのでしょう?

また、一世代に限っては高齢出産よりリスクが少ない、というより高齢出産自体が近親相姦よりもダウン症や染色体異常などの異常を持った子を産むリスクが高まるそうです。
しかし、高齢者の恋愛、結婚、出産をタブーとする風潮はありませんし、むしろタブーとする側が差別だと非難されるでしょう。
異常を持った子を産むリスク、という面を考えればこれは何故でしょう?
ドイツではそのことで裁判沙汰になったという話を聞いたことがあります。結局認められなかったそうですが。

そして最後に私がこの質問をする切っ掛けとなったニュースなのですが、産まれてくる前の子が予めダウン症かどうか確認できるようになったそうですね。
そういった異常を事前に確認して異常があったら堕胎というケースが増えそうですが、それが許されるなら近親相姦で産まれる子にも同じことが適用できるのでは?まあ、自分で言っておきながらあまりにも無責任に感じますが。
しかし最近増えているとはいえ、高齢出産のようなリスキーな行為を自分からしておきながら、そのせいで子供に異常があったら即堕胎という行為はそれ自体無責任なのではないかと思うのです。それこそ個人的には近親相姦を認めるのとあまり変わりない気します。
ちなみに私は事前に産まれる子の障害の有無を確認することには反対です。
そこは別の質問で意見することにしますが。

さて、結局のところ近親相姦が現在に至るまで殺人、食人と並ぶ人類のタブーとされてきている理由は何故なのでしょうか?

閲覧数:
24,928
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rsk********さん

編集あり2013/4/123:40:40

「近親相姦の禁止(インセスト・タブー)」は人類にひろく見られる現象です。
それを問題にしたのは主として人類学で、レヴィ・ストロースの「今日のトーテミズム」とか「親族の基本構造」によれば、「近親相姦の禁止(インセスト・タブー)」は親族関係が混乱するのを防止するためと、親族から社会へと拡大して行くために必要とされる「暗黙のルール」です。
親族関係の混乱はすぐ分かります。誰が誰の子供で、誰が誰の孫かという関係が成り立たなくなって、呼び方が混乱するからです。だって、父親と娘が結婚して子供が生まれたり、母親が息子と結婚して子供が生まれたりすると、父親や母親は子供をなんて呼んでいいか分からなくなるでしょ。
それと、親族は女を他の親族と交換することで、親族を拡大して拡大家族という氏族を形成します。
もし、近親相姦をしていると親族の中で女を回すことになり、親族は拡大することがなく、閉鎖されることになって、結局その親族は滅びます。
そのことを古代の人たちは「無意識」に、つまり「構造」として知っていましたから、近親相姦を禁止したのです。
強い禁止があるということは裏を返せば強い欲望があるということであり、実際は近親相姦の事例は多く見られます。親子の間、姉弟の間、義父と義妹の間、などなど。
ただ、社会の表面に出てこないだけで。
精神分析のフロイトの「エディプス・コンプレックス」の概念も「近親相姦の禁止」が「幻想」を生み、人間を病気にするというもので、むしろそんな禁止がないほうが人間は正常でいられるのです。
父親が娘に対して、母親が息子に対して欲望を抱くのは自然なことです。
その自然な欲望を禁止したから、人間は精神の病気に罹るようになったのです。
私たちが近親相姦に嫌悪感を覚えるのは教育のせいと世間の目を慮るからです。
ノーマン・ブラウンは「エロスとタナトス」という本で、人間であること自体が病気である、といっています。
逆にいえば「近親相姦」を禁止したことが、人間を動物から区別して、人間になったといっても良いのです。
人間が人間であるのは「近親相姦の禁止」があるからです。

「近親相姦の禁止」は古代からあるので、遺伝の問題とはとりあえず無関係です。
遺伝の問題が知られるようになったのは20世紀になってからです。
だから、それとは切り離して考えた方が良いですよ。
社会学や人類学の問題です。
古代の人が遺伝学なんて知っていたわけがないんだから。

質問した人からのコメント

2013/4/2 04:50:55

中々興味深い説でした。
生物が本能的に自らの生存権や血統を拡大することを考えると納得の理由でもあります。
理由としては奇形児云々はあまり関係ないのでしょうね。
人間にとって一族の拡大というのは生物的な面以外にも社会的側面を持ちますし。


honnyarakeさん共々ありがとうございました。

「近親相姦 リスク」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

hon********さん

編集あり2013/4/123:50:14

近親相姦の禁忌がなぜあるかということですぐに思いつくのは、rskさんの言われるようにレヴィ=ストロースの人類学です。
未開民族を研究すると、隣接する民族の間で無益と思える贈与とそれに応える自己犠牲的な返礼が数多く発見されたそうです。それが何を意味するかというと他者とのコミュニケーションです。コミュニケーションとは交換する具体的なもの(言葉や財貨など)に価値があるからというより、コミュニケーション自体が他者と共存するためにあるのだと言っています。
そして贈与と返礼の意味は、人間社会は自分の欲するものはまず他者に与えなければならず、人間は固定的な状態にありつづけることが許されないとしています。
逆にいえば人間が自分の欲するものを独り占めにし、自分は自分だと固定された自我を愛するのだとしたら人間社会は破滅の道をゆくということだと思います。だからコミュニケーションとは生活の余剰からなされるのではなく人間性の起源だというのです。
そして近親相姦の禁忌も、女性を交換するためのコミュニケーションのシステムだと言っています。
私のはかなりいい加減な説明で全然納得できないかもしれませんが、レヴィ=ストロースは私たちが普段常識としている思考に決定的な影響を与えた構造主義という思想潮流の立役者です。原典に当たればかなり興味深い内容だと思います。詳しく知りたい場合は実際の解説書などにあたって見てください。

mlt********さん

2013/4/119:17:54

そうなった原因は沢山あるでしょう。しかしそれは哲学ではない。

哲学(倫理学)として考えれば、うーん、何ででしょうね?やはり近親相姦はなんら道徳的悪ではない、って結果になるのかなあ。でも嫌悪感はものすごくあります。なぜなのか。


「子供の頃から同じ家族として暮らしてきた者同士がイチャイチャする」ってことに嫌悪感を感じますね。最初から恋愛の対象だったわけではないでしょ。父親が生まれてきたばかりの娘に性欲と恋愛欲を向けるわけではないでしょ。途中まで家族として暮らしてきた。なのに娘が女性らしい体型に成長するにつれて恋愛欲性欲の対象と見る、そこに嫌悪感を感じます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる