ここから本文です

PAC3は信頼できますか?成功率はどれくらいなのでしょうか?

rsypb056さん

2013/4/922:06:22

PAC3は信頼できますか?成功率はどれくらいなのでしょうか?

閲覧数:
66,868
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kurosabureさん

編集あり2013/4/1120:56:29

PAC-3は自衛隊も米のホワイトサンズ射爆場にて短距離弾道弾を模した標的ミサイルの迎撃実験を成功させています。
探したら動画発見(2009年に実施した迎撃実験の様子)
http://www.youtube.com/watch?v=BuW-O6vsY0k

その他の実験結果に関しても米ミサイル防衛局が公表していますので下のサイトさんがまとめています。

・優秀なPAC-3の迎撃試験成績
http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/506666...

リンク先の実験結果を数えると試験回数31回中成功が23回、失敗は8回。
高いと判断するか低いと判断するかは人次第。

ただ、湾岸戦争時の事例を出してパトリオットは当たらないと主張する人が居ますが、あれはPAC-2という対航空機用のミサイルでした。
その時の戦訓をもとに対弾道弾用のPAC-3が開発されています。
その辺を混同しないようにしてください。
PAC-3はイラク戦争で実戦使用され、PAC-2GEM(PAC-2の改良型)と共に短距離弾道ミサイルを迎撃しています。
ただし、PAC-3による迎撃範囲は射高15~20km、射程は20kmと短いです。
本来PAC-3は基地防衛用に開発されており、国土全体を守るものではないからです。

・PAC-3の性能
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/pac-3.htm

参考:ミサイル防衛(PAC-3)無効論を斬ってみる
http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/506990...

「日本中どこに落ちそうになっても迎撃する」役割を担っているのがイージス艦から運用されるスタンダードSM-3です。
これは射程が1600km(公表値、一説には3000kmとも)あり、日本海にイージス艦2隻を配備すれば北海道から沖縄まで防衛範囲に入ります。
(下図はマークを中心に1600kmの範囲)

・スタンダードSM-3(現在配備中のものはブロック1A )
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/sm-3.htm

スタンダードSM-3の実験結果はこちら。
ミサイル防衛局のミサイル迎撃実験の報告です。(英語)
http://www.mda.mil/global/documents/pdf/aegis_tests.pdf
http://www.mda.mil/global/documents/pdf/testrecord.pdf

これらはイージス艦によるスタンダードSM3を用いた弾道ミサイルの迎撃実験の結果一覧です。
内容をさらっと言うと27回中22回の迎撃実験に成功しています。
一番目の資料の中に「JS Kongo(Japan)」、他にも「JS Chokai」や「JS Myoko」「JS Kirisima」の文字もあります。
日本のこんごう型護衛艦の4隻も参加しており、ちょうかいがSM3の弾頭の不具合で失敗した他は3隻とも成功させています。

・イージス艦「きりしま」による迎撃実験の様子
http://www.youtube.com/watch?v=Vi411JuXi8E

・キネティック弾頭の地上実験の様子
http://www.youtube.com/watch?v=6moykp96hAI


また、実戦に近い状況としては老朽化して落下してきた人工衛星をスタンダードSM-3で迎撃した事例があります。
この時の人工衛星の速度はマッハ30、迎撃高度247kmという公表されている迎撃可能高度160kmを大きく上回る値でした。
ちなみに日本に向けられていると言われるノドンが最大飛翔高度200km、最大速度はマッハ9です。
(ムスダンは射程距離を考えるとグアム用と考えた方が自然)

・ノドン
http://www004.upp.so-net.ne.jp/weapon/nodong.htm

PAC-3はSM-3による迎撃が失敗した場合の保険として迎撃を多層化することで安全率を上げています。
なぜかPAC-3ばかり話題に上がるんですが、イージス艦のスタンダードSM-3による迎撃こそが本命です。

PAC-3は自衛隊も米のホワイトサンズ射爆場にて短距離弾道弾を模した標的ミサイルの迎撃実験を成功させています。...

「pac3 命中率」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yoshirin1139さん

2013/4/1005:31:05

簡単に言いますと、射程が短いので関東近辺にて射撃〜命中した場合は破片等が空から降って来て、核被害は最小限に抑えても、その他被害があると予想されます。

2013/4/1004:14:34

信頼できます。しかし100%撃墜できるわけではありません。
成功率は示されていませんが、航空自衛隊がアメリカで行った実射試験でも目標の弾道弾の迎撃に成功しています。

PAC-3の性能を語るときに湾岸戦争でのパトリオット・ミサイルのイラクが発射したスカッドに対する命中率を持ちだして「命中率は10%ほど」や「改良型でも命中率は低い」とデマを流す人がいますが、決して参考にしないで下さい。理由は湾岸戦争で使用されたパトリオットミサイルと弾道弾迎撃用のパトリオットPAC-3は同じパトリオットファミリーであるというだけで「まったく別のミサイル」だからです。ミサイル本体の射程も大きさも違います(PAC-3のほうが小型)。なので湾岸戦争での命中率を持ちだしてPAC-3の性能を語ることはできません。
また「破壊力を増したために命中率が下がっている」というのも間違いです。PAC-3は弾道弾を確実に撃墜するためにこれまでのミサイルのような敵ミサイルの近くで爆発して相手のミサイルを破壊するという方法ではなく、ミサイルそのものが相手ミサイルに衝突して撃墜するという方法をとっていますが、そのためにミサイル本体にサイドスラスターを搭載して機動性を高めてあり命中率は高いです。(そもそも命中率が下がるようなら相手ミサイルにぶつけようなんて方法はとらない)
軍事関係の話題は普段なかなか目にすることもないために間違った知識が横行し、正しい知識であってもそれを正しいと判断することが出来ない人が多いです。ひどいのは関係機関(国防省、防衛省、軍事メーカー)の発表を頭から否定して陰謀や捏造を流布する人たちです。(政府機関や企業の情報は信用せず、聞いたこともないような人のブログや記事での陰謀説は一発で信じるような人)
軍隊とはもっとも現実的な対応をせまられる組織です。そのような組織が「使い物にならない兵器」を採用し自分たちの防衛にしようするということなどまず無いことは普通に考えればわかることです。アメリカ軍のように世界最大の規模と装備を誇る軍隊ならなおのことです。

よければこちらのブログを参考にして下さい。これを書かれた方は軍事関係で豊富な知識を持っておられ書かれている情報も信用できます。
http://obiekt.seesaa.net/article/107398010.html

mybox_0910さん

2013/4/1000:02:34

命中率については諸説存在するのだが、日本が配備する計画になっている地上発射型迎撃ミサイル(PAC3)は、アメリカが湾岸戦争で初めて大々的に使ったパトリオット(ペトリオット)ミサイルの改良型だが、パトリオットについては湾岸戦争時に米軍側が「命中率はほぼ100%」と発表していたにもかかわらず、実は命中率は9%かそれ以下でしかなかったことが、1992年の米議会の会計検査院(GAO)の調査で分かっている。

今回配備のPAC3、それまでの近接信管から弾頭の直撃によるによる運動エネルギーでの破壊へと変わったため、破壊力は増したものの命中率が低下しており、そもそもの命中率が低いこともあってあまり過剰な期待は出来ません。

北朝鮮による発射予告は、いつ、どこから、どこへ向かって、幾つ発射するのか、事前に概ねわかっているので、迎撃するとなれば、成功する確率は高くなるようです。
しかし命中率はその時の条件によって左右されるので、正確な数字を言えるひとはいない。正確なところは軍事機密なので、わからないというのが正しい。

よって迎撃ミサイルの発射時の条件によるということなのだが、本当に10%前後だとしたら、ほとんど期待はできない。
政治家は、国民を安心させるべく、またPAC3導入・ミサイル購入費用を正当化させるべく、PAC3の性能の高さを謳っているのであろうか?

PAC3の射程距離について
PAC3の射程は15キロから20キロといわれています。

しかも命中率が低くても「PAC3より命中率の高い迎撃ミサイルは、いまのところ無い。」という声もあり、「無いよりは、マシ」というレベルです。

よかったら参考にして下さい!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。