ここから本文です

ラジコン飛行機 スポイロン・フラッペロンについて。 先月号ラジコン技術にスポイ...

tek********さん

2013/4/1201:27:52

ラジコン飛行機 スポイロン・フラッペロンについて。
先月号ラジコン技術にスポイロン動作時は頭上げになるのでエレベーターダウンミキシングが必要とあったのですがなぜ頭上げになるのか分かりません。

フラッペロン動作時→主翼の揚力(上方向に)UP→頭上げで納得できるのですがスポイロン時も頭上げ→主翼の揚力(上方向に)UPという事でしょうか?もしそうだと前出ラジコン技術の下の記事「空戦フラップ」(エレベーター→フラップミキシング)が成り立たないと思うのですが・・。そもそもエルロンを上げても下げても上方向に揚力UPするならロールしないはず。

実際、OK模型のターメリックでスポイロン設定(頭下げになると思いエレベーターアップミキシング)して動作させると頭上げになるのでエレベーターアップが足りないと思いどんどん足したのですがアップフリップするくらいの勢いになって訳が分からなかったのですが記事をみて全く逆だと分かったのですがなぜそうなるのかが理解できません。

どの様な力がどこに働いて頭上げになるのか教えてください。

あとスポイロンとフラッペロンの使い分けというか違いを教えてください。
プロポの説明書に「通常エルロンをブレーキにする時は上方向に上げます」とあります。素人的には同じブレーキ効果が得られるなら下げてフラップとしたほうが揚力も上がるし有利なのになぜ通常スポイラーにするの?F-15のスポイラーも下に付ければいいのに・・と思います。

以上、どうか宜しくご教授頂ければ嬉しいです。

閲覧数:
3,939
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

n_e********さん

2013/4/1209:39:57

フラップダウンとは翼断面形状の変形です。
揚力がどのように変化するかは翼断面の特性と重心で決まります。
必ず頭上げになるのではなく、翼断面の変形によって揚力中心が変化するのです。
またフラップダウンした場合、主翼の中心線が変わり論理上の迎え角も大きくなります。

頭上げとはこの2つの変化により重心廻りに回転モーメントが働いているという結果が現れたということで
実際のケースでは知りませんが、フラップダウンで頭を下げるような翼型があってもおかしくありません。

通常エルロンをブレーキ=エアブレーキ では翼端をダウンしてしまうと翼端失速しやすくなるので
ダメです。
エアブレーキは跳ね上げた補助翼が抵抗になるのではなく
翼端を捻り下げ失速しにくくすると同時に、翼端部の揚力をマイナスにしその分翼中央部で大きな迎え角を取り
主翼全体の抗力を上げて速度を落とすという仕組みです。

ブレーキは翼中央部はダウン、端部は跳ね上げが鉄則です。
両方を実装したものをバタフライと呼びますが強力に減速します。

質問した人からのコメント

2013/4/15 22:58:15

とても分かり易い説明どうもありがとうございました。頭上げ=揚力アップと思っていたのが間違いでした。今まで重心は適当だったのですが実はとても重要だったのですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

f3k********さん

2013/4/1217:48:43

色々と正解が出ているのでそれ以外についてだけ...

スポイロン=スポイラー+エルロン 翼端エルロン限定

フラッペロン=フラップ+エルロン フルスパンエルロン限定


と考えてみると使い方もわかってくるかと思います。
スポイロンは下に下ろしてもブレーキにはなります、ですが、他の方も
書かれているように、ねじり下げとなりとても不安定になります。

おまけに、ブレーキになるほど下げてしまうと全くエルロンとして機能
しなくなります。

フラッペロンはエルロンにフラップ機能を付加したものです。 通常に
フラップとして機能するのは、角度としては数度程度です。
それ以上は抵抗にしかなりません。

この部分はブレーキとはまた別のお話です。
プロポ上ではフラッペロン機でもブレーキはバタフライ機能で設定します。

ラジ技の挿絵でバタフライの絵(P129)この絵は極端な例です。
この通りに設定してしまうと、バタフライ動作時に全く曲がる事が出来なく
なります。

フラップの動作角は良いとして、エルロンはねじり下げ効果を出すために
上げますので、スパン3.5メートルのF3J機でも3~5ミリ程度です。
スポイロン+フラップブレーキではありませんのでお間違えの無いよう。

tak********さん

編集あり2013/4/1219:23:13

スポイロンを入れた時に機首がどっちを向くかはその角度と翼型と重心位置と対気速度によります。
機首が上がる舵角と下がる舵角の領域があるということです。

スポイロンは40度とかしっかり立てないと効果が無いです。
またエルロンディファレンシャルをしっかり入れないとエルロンが効きません。

フラッペロンはフルスパンエルロン限定です。翼端エルロンを両方下げるとねじり上げになって悪性の翼端失速を誘発します。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる