ここから本文です

IVHと経管栄養の比較 看護学生です。勉強不足で変な質問だったらすみません。 ...

ulonnbaltudoさん

2013/4/1318:09:14

IVHと経管栄養の比較

看護学生です。勉強不足で変な質問だったらすみません。

合併症を考えると経管栄養の方が優れている気がするのですが、状況にもよるとおもいますがエビデンスなどを

教えて頂けませんか。

1 適応の判断 対象の状態にあわせて、選択の境界は
2 IVHと比較した場合、経管栄養のメリット、デメリット

その他ありましたらお願いします。

閲覧数:
4,709
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mon********さん

編集あり2013/4/1319:06:50

高カロリー輸液(中心静脈栄養)と経管栄養の比較ですが、色んな面で経管栄養が優れています。
1,先ず、適応ですが,経管栄養(経鼻、胃瘻)が出来る人(患者さん)には、まず第I選択肢でしょう。IVHは、経管栄養で誤嚥性肺炎など繰り返す場合、消化管に閉塞や通過障害がある場合(食道癌・胃癌・大腸癌、イレウスなど)は、IVHの適応でしょう。
2,経管栄養のメリット:自分の臓器,消化器を使用しますので、自然に近い栄養摂取が出来る。IVH挿入時のアクシデント(気胸、動脈穿刺による出血や血腫形成)がない。IVHは長期にわたると敗血症などの感染症を起こす場合がる。医療費も安くて済みます。
デメリットは誤嚥性肺炎を起こしやすい、消化管の病変や通過障害があると,使用出来ないなど。

質問した人からのコメント

2013/4/13 23:56:23

感謝 ありがとうございます。もっと勉強します。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

rri********さん

2013/4/1321:29:38

優れているとかの問題ではないです。IVHと経管栄養、この患者さんはどっちにしようか?エビデンスを考えて、経管栄養にしよう!!
とかいう選択ではないんです。

経管栄養を入れたくてもできない場合に IVHをするのです。

それを言ったら口から食べるのが一番優れているに決まっています。
でも食べられないから、経管栄養にする患者さんがいます。
消化器の疾患だと、それも出来なくなるから、IVHをするしかありません。

質問が変です。

nac********さん

2013/4/1318:29:11

優れているとか、優れていないとかの問題ではありません。
1.2共に教科書、参考書に載ってますが、調べた上で質問なさってますか?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる