ここから本文です

家の物置から夏目漱石の「こころ」の古書が出てきました。 大正三年 第六版のもの...

ジコボウさん

2013/4/1416:24:30

家の物置から夏目漱石の「こころ」の古書が出てきました。 大正三年 第六版のものです。
保存していたわけではないので状態はあまり良いとは言えません。
これは古書として価値のあるものなのでしょうか?

補足liebemuenchenerin様の回答を見て
確認しなおしたところ質問文の情報に誤りがありましたので訂正します。

(初版)発行が大正三年九月
第六版発行は大正五年十月でした。

誤解を招く内容でを書いてしまってすみませんでした。

岩波書店,古書,古書店,夏目漱石,こころ,物置,大正三年

閲覧数:
1,312
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2013/4/1421:10:28

『こころ』は大正三年四~八月 朝日新聞に連載され、同年九月には岩波書店から初版が出ています。
質問者さまの『こころ』が、同年のもので すでに六版というのは ずいぶん売れたものですね。

「日本の古本屋」さんでは、それに近いものもヒットしませんでしたが、経年による傷みを考慮しても けっこう価値のあるものかと思います。
信頼のできる古書店(歴史がある、近代日本文学専門、初版やそれに近いもの専門 など)、それも一軒ではなく三軒くらいに 写真入りのメールで 相談してみるといいでしょう。
奥付の写真もお忘れなく。

補足
そうではないかと思っていました。
でも それなりに価値はあると思いますので やはり問い合わせてご覧になるといいでしょう。メールだと 負担になりませんしね。

古書店での買い取り価格は だいたい売値の1割です。仮に古書店がそれを3万円で売りに出すとすれば、あなたには3千円を提示するでしょう。(あくまでこの価格は仮の話です)
面倒ならそれでオッケー。
古書店がもうけ過ぎと思われるなら、古書店の提示価格の5倍くらいで ヤフオクにお出しになるといいでしょう。

質問した人からのコメント

2013/4/14 23:23:54

降参 お二人とも詳細に回答して頂いて助かりました。
古書の世界というのもなかなか面白そうですね。
ほかにも何か出てきそうなので古書についてもう少し調べてみようと思います。
ご協力ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tre********さん

2013/4/1416:47:54

そこそこの価値はありますよ。

いまでも人気のある作品ですしね。

もとは大正時代に岩波書店から出版されたのですが、
戦後になってから「復刻本」というコピー本も出ています。

この復刻本じゃなくて、大正時代に出版された本物なら、状態にも
よりますが、古書店の売値で、1万数千円から3万円ぐらいじゃないかな・・・

買い取り価格は分かりません。

今から景気が上がってゆけば古本の相場も上がります。処分するとしても、
半年から1年ぐらいかけて、相場を充分に調べてからのほうがいいでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる