ここから本文です

教えてください。 静脈還流量は、大静脈から右心房に戻ってくる静脈血と理解して...

t1s********さん

2013/4/1922:02:37

教えてください。
静脈還流量は、大静脈から右心房に戻ってくる静脈血と理解しているのですが、
違うのでしょうか?
左心房への動脈還流量が存在するのでしょうか?

できれば、下記の文章の説明をしてくだされば助かります。
お願いします。

吸気時には胸腔内は陰圧となり、肺が拡張されるだけではなく、肺静脈も拡張されて、血液が肺側に貯留し、左心房への静脈環流量が減少する。呼気時には逆に静脈環流量が増加する。

閲覧数:
4,207
回答数:
2
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sui********さん

編集あり2013/4/2011:16:26

①肺循環での右心房への還流は、肺を付けて呼ぶと
誤解は減ります。
問題文なら、肺静脈還流量の減少や増加となります。

②左心房への動脈還流量が存在するのでしょうか?
→呼び方では、存在しないです。

答えは肺静脈還流量(内容は、酸素の豊富な血液です。)です。

心臓から拍出される血液は、動脈と呼び、
流入する血液を静脈と呼ぶ、取り決めです。
そこで、肺に行く酸素の少ない血液が肺動脈と呼ばれ、
肺から心臓に戻る血液が、「肺静脈」と呼ばれます。

体循環の関係からすると、肺では逆転名称になりますが。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

jam********さん

2013/4/1922:14:06

人間の血液の流れを、

心室→心房で考えると

次の2通りの流れがあります。

左心室→大動脈→全身→大静脈→右心房

右心室→肺動脈→肺→肺静脈→左心房

この2通りの流れのいずれにも、

心臓に戻ってくる静脈について、

静脈還流量という考え方が存在します。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる